「プラモ女子」だったらメイヴ雪風だろうと。

先日、「プラモ女子」が増えているとのニュースを見かけました。またガンダムをピンクにデコレーションするのが流行っているのかなと思ったら、そのラインナップが渋すぎで笑ってしまいました。右端は、スウェーデンの国産戦闘機「サーブ J-35ドラケン」。あまりにマニアックな戦闘機です。
b0034546_0363360.jpg

なぜドラケンなんだろうかと不思議に思ったのですが、よく見てみると尾翼にユニコーンっぽいエンブレム。どうやら、マンガ「エリア88」の影響のようで納得しました。そういえば、OVAにもなってますので不思議はないです。
しかし、他にも選択肢はいくらでもあったろうに…。実在機であればX-29(エリア88)とか、架空機であればメイヴ雪風(戦闘妖精雪風)とか。まぁ、どちらもマニアックな前進翼機ですが。

ついでにドラケンの画像を検索してみたら、珍しい正面からのアングルがありました。もっと無骨なイメージだったのですが、予想外に美しい流線型のフォルムでした。惚れ直すというのは、こういうことを言うのでしょうか?
b0034546_037696.jpg

[PR]
by yt_iris | 2010-04-23 23:59 | Comments(0)

"I'd just be the catcher in the rye and all."


by yt_iris