性格測定質問紙。

学部生に心理学の基礎を教える隔週のゼミを受け持っているのですが、
今年は「性格心理学」をテーマにしようと考えました。

それでNEO-PI-R性格検査を自分で受けてみたのですが、
5件法、240項目の量にやられてしまいました。
回答時間40分、解釈に要した時間20分。時間かかりすぎ。

出てきた結果も、大枠で予測通り。まぁ、そうなるだろうなというものでした。
いくつも性格検査を体験してしまうと、もう、ある程度似てくるものですね。
「結果が類似しているということは、基準関連妥当性が高いことを示す。
 したがって、NEO-PI-R性格検査は、精度の高い性格検査である。」
これを言うためだけに、ちょっと時間をかけすぎたかも。
[PR]
by yt_iris | 2005-05-06 15:41 | Comments(0)

"I'd just be the catcher in the rye and all."


by yt_iris