2005年 05月 22日 ( 1 )

「MEMENTO」を見てみた。

これまで非常勤の授業で、さんざんお勧めしていながら見たことがなかった、
MEMENTO」をようやく見てみました。
妻を何者かに殺されたショックから、10分しか記憶を保てなくなってしまったレナード(ガイ・ピアーズ)。彼は犯人を突き止める為、出会った人物や手がかりとなる物のポラロイド写真にメモを書き、自らの体にタトゥーを彫り、事件の真相を追っていくが…。

感想として、とにかく疲れたというのが一番でしょうか。
順行性健忘にかかっているレナードと全く同じ視点で物語が進行するので、
時間の経過が全く分からないのです。普通の映画とはまったく違いました。
記憶が定着しなくなると、日にちの概念までおかしくなるのですね。
本当に二日間の間に行ったことなのかどうかさえ、怪しくなってきます。

最初にクライマックスを持ってきて、少しずつ、どのようにしてそこまで
たどり着いたかを見ていくわけなのですが、もう一つ、最後にもクライマックスがありました。
詳しくは述べませんが、サイコスリラー的に怖かったです。

順行性健忘ってこういうことなのか、とリアルに体感することができたのですが、
中には笑ってしまうようなエピソードもありました。
 主人公がある人物をボコボコにして、手足をしばってクローゼットに
 監禁したのですが、主人公はそれも覚えていられないのです。
 しばらくして、監禁されている人に気がついて驚いて質問するわけです。
 「誰にやられた?」 「お前。」
まぁ、あまり笑ってはいけないのでしょうが…。

オリジナルではストーリーを逆順に再生しているようなものなのですが、
DVD特典ではこれを正しい順番で見ることができます。
それでやっとストーリーの把握ができるかと思うのですが、
ここまでしないと分からない映画というのも、安易に人に勧めていいものかどうか…。
[PR]
by yt_iris | 2005-05-22 14:25 | Comments(0)

"I'd just be the catcher in the rye and all."


by yt_iris