<   2005年 06月 ( 33 )   > この月の画像一覧

6月のまとめ。

あまりの忙しさにすっかり忘れてしまっていましたが、6月のまとめ。
上旬は何をしていたかというと、非常勤の準備とか、ゼミ発表の用意とか、
投稿論文の書き直し作業とかしていたようです。
そしたら突然、今の大学から面接に連絡に来てくれと言われて、
そこからはもう、怒濤のようなスケジュールでした。

そして気がつけば、もうすでに小樽にいるわけですね。
一ヶ月前までは思いつきもしなかった事態となっております。なんか不思議。

東北大でお世話になった方、また、見送る会を企画し、参加してくださった方に
ご挨拶を送りたいと考えているのですが、少々事情があってもう少し後になりそうです。
っていうか、住所が変わるかもしれないので、まだ教えられない状態なのです。
[PR]
by yt_iris | 2005-06-30 23:59 | Comments(0)

荷物運び。

仙台から送ってきた荷物を小樽の官舎に搬入。
ようやく、HPも通常通りに更新できる環境になったかも。

明日は辞令交付式。緊張する…。
[PR]
by yt_iris | 2005-06-30 22:25 | Comments(0)

クルマ選び。

宿舎から職場に通うまで、クルマで20分程度と聞かされて、
これはクルマが必要だろうと言うことでクルマを選んできました。
結局、ホンダのZという軽自動車。またホンダです。

なんでこう、ホンダの原付や車にここまで惹かれてしまうのか…。謎です。
[PR]
by yt_iris | 2005-06-29 16:07 | Comments(2)
事務作業だけは山積み…。
何とかならないんだろうか。
[PR]
by yt_iris | 2005-06-28 23:04 | Comments(0)

仙台に一泊した方が…。

午後に業者が来るはずだったのに、
実際に来たのは17時過ぎ…。ひどい話です。

とりあえず仙台空港発、新千歳空港行きの
最終便には間に合って良かった。
それにしてもすごい霧で、
よく着陸できたなと思いました。

たぶん、27日中には旭川に着かないだろうな…。
[PR]
by yt_iris | 2005-06-27 21:48 | Comments(0)

片付けも最終章へ。

これから郵便局の集配の人が来て、荷物を渡したところで
大学の片付けの方は終了です。しかし、きれいになったもんだ…。

もう大学にくる用事がなくなってしまったということを受けて、
帰り際に原付を下取りに出すことになっています。
原付の楽しさを教えてくれた一台で愛着もかなり深いのですが…。
ただ、次のオーナーに大切に乗ってもらいたいと願うだけです。

明日はいよいよ荷物の運び出し、そしてひとまず実家へ。
今はまだ、ただの前夜祭なのです。
[PR]
by yt_iris | 2005-06-26 15:12 | Comments(2)

大学の引き上げ作業。

条件付き採録論文も何とか書き上げたことを受けて、
ようやく大学の席の片付けを始めました。
いや、しかし、片付けを始めたとたんに、実感が沸き始めるものですね。

段ボール箱5箱。送料はいくらになることでしょうか。
まぁ、明日にでもゆうパックで送ろうかと思います。
[PR]
by yt_iris | 2005-06-25 23:47 | Comments(0)

「北の禁じ手?」

入居予定の宿舎の近くを調べてみると、
お店の名前で「北の禁じ手」というのがあって驚きました。

よく見てみたら、「北の菜路季」だったのですが、
なぜ「禁じ手」と読んでしまったのか…自分でも分かりません。
[PR]
by yt_iris | 2005-06-24 12:58 | Comments(0)

昼ご飯抜き。

午前中は最後の非常勤の授業。
その後すぐに引き継ぎの面接に同席し、
返す刀で不動産屋に直行。退去日時を連絡。

そして大学に来て奨学金関連の手続きについて事務と大揉め。
こちらは停止してくれと言っているのに、
それが出来ないとはどういう了見かと。
まぁ、最終的に特別免除申請さえ出来ればよいのですが。

っていうことをしている間に18時直前です。
これから在学証明書を取って、投稿論文を完成させて…。
本当にできるのかなぁ?
[PR]
by yt_iris | 2005-06-23 17:53 | Comments(0)

突然ですが…。

7月1日付けで小樽の大学に助手として赴任することが決定しました。
「毎日更新」がモットーのこのBlogでしたが、
今後少々の間、更新ができなくなる恐れがあります。
どうぞご容赦ください。
[PR]
by yt_iris | 2005-06-22 19:34 | Comments(5)

"I'd just be the catcher in the rye and all."


by yt_iris