<   2005年 10月 ( 39 )   > この月の画像一覧

10月のまとめ。

上旬の週末には、2週連続で親が来てくれました。
料理を作ってくれたり、家を住みやすく改造してくれたり、
おかげさまで今はかなり快適になっております。

仕事の方は毎週のように打ち合わせ、そしてプログラミングと、
まったく休まる間もない状態ですが、これで4ヶ月が過ぎたわけですね。
しかし、これからは会議の回数がますます増えそう。
実際、今日も明日も打ち合わせなのです。

月末には虫歯の調子が悪化して、突然歯医者に通い始めました。
実は明日も行かなければならないのですが…。
まぁ、健康第一で、いろんな仕事を頑張ろうと思っております。
[PR]
by yt_iris | 2005-10-31 22:50 | Comments(0)

次の実験計画を…。

今はシステムエンジニアのような仕事に専念しているのですが、
決して研究を忘れたわけではないのです。
…などと格好いいことを言ってみたりしておりますが、
つまりは博士論文を少しずつでも進めないといけないのです。

新しい実験計画、実験材料を作成しているのですが、
3ヶ月放置してしまったらそれなりに埃をかぶっているもので…。
でも、この時期に一実験しておかないと…本気で焦燥感です。
[PR]
by yt_iris | 2005-10-31 22:44 | Comments(0)
47歳、おめでとうございます。
b0034546_19262166.jpg

[PR]
by yt_iris | 2005-10-30 19:27 | Comments(0)
e-Learningによる授業と、LoC(統制の所在)との関連について
検討した論文なのですが、次の一文を読んで大丈夫かと思いました。
なお、この実験に参加した被験者に対して、
他の授業の単位を与えると教示を行い、動機づけを高めた。

…それって高めすぎではないでしょうか?
[PR]
by yt_iris | 2005-10-30 14:49 | Comments(3)
思わず笑った。
高校の学園祭の時。
なんかしらんが突然合唱の練習をすることになったらしい。
で、クラスの皆は朝早くから登校して練習。
ところが俺を含め数人が来ない。
どうやら俺以降、連絡網が途絶えたみたい。
いや、そんな連絡受けていないし・・・

その日、俺の弟が通う学校でありもしない合唱の練習の為に
朝早くから集まった奴が数人居たそうだ。

[PR]
by yt_iris | 2005-10-29 18:31 | Comments(0)

火星の「中接近」。

最近、帰宅の時にやけに明るい赤い星があるなと思っていたら、
どうやら接近中の火星だったようです。
火星、再び地球に近づく 30日夜に最接近
 2003年夏に地球に大接近した火星が、再び地球に近づいている。最接近は30日。03年には及ばないものの、今回以上の接近は18年までない。火星観察の貴重な機会とあって、各地の天文施設で観察会などのイベントが開かれる。
 国立天文台などによると、地球と火星の距離は03年8月27日の大接近時には約5576万キロだったが、今回は6942万キロの“中接近”となる。見かけの大きさは03年の約8割程度という。
 火星は地球と平均約2年2カ月に1度の割合で接近するが、火星の軌道が楕円(だえん)形をしており、接近する場所によって地球との距離に差が出る。
 火星はこの時期、午後8時ごろには東の空に赤く輝いて見え、肉眼でもはっきりと分かる。最接近当日だけでなく、前後数週間は非常に接近した状態になる。
 国立天文台は29日夜から11月7日の朝まで、各地のファンの火星観察結果をインターネットなどを通じて報告してもらう「火星接近!模様が見えるかな」キャンペーンを始める。(共同)
(10/29 08:35)

[PR]
by yt_iris | 2005-10-29 13:53 | Comments(0)
さすがに疲労困憊ですが、何とか今日中に片が付いて良かった…。

e-Learningシステムを導入するにあたって、さまざまなケースの
動作確認をしないといけないのですが、本気になってテストしてみたら
問題点がうようよ出てくるのです。
今日はその1つをつぶすのに10時間費やしてしまいました。

研究費で買ったテレビポートリプリケータが届いて、
VAIOでテレビが見られるようになったのですが、
それをセッティングする時間もありませんでした。
まさに鬼気迫る状況とはこのことです。
これまではこういうのが届いたら、何もかも後回しにして
セッティングしていたのですが…。

そして明日はまた歯医者。前回ひどい目にあったので
ちょっと腰が引けているところもありますが、戦う前から弱気ではいけないのです。
[PR]
by yt_iris | 2005-10-28 18:59 | Comments(0)
もう紅白の話題が出てくる時期なのですね。
今年は信じられないくらい時間の経過が速すぎ…。
レイザーラモンHG、今年は紅白頂き“フォ~ッ”
 大ブレークの異色芸人、レイザーラモンHG(29)が、大みそかのNHK紅白歌合戦に出演-との噂が飛び交っている。あの“ゲイ風”で、民放各局を制覇したが、NHKは未出演。低調・紅白で「フォ~!」と一大サプライズを起こすか。
 近年の「紅白」では、「その年を象徴する芸人のゲスト枠」がある。一昨年は、はなわと共に出場したテツ&トモが、瞬間最高視聴率50%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)超えを記録。昨年も平均30.8%と低空飛行の第一部で、波田陽区が33.7%、青木さやかが36.2%と大健闘。それだけに「NHKは今年の紅白も、芸人枠の人選は相当力を入れるだろう」(芸能関係者)。
 大人から子供まで、「フォ~!」と腰振りをまねする現在の人気からすれば、HGが「その年を象徴する芸人」の資格は十分。ただ、ネックはあのゲイ風だ。
 NHKといえば、企業名すら削除するほど、放送内容に敏感。過去には浅草キッドの玉袋筋太郎が、「知恵袋賢太郎」として出演するなど、「下ネタも、おもしろければOKとはいかない」(お笑い関係者)。HGのハードゲイキャラは「NHKではNG」と見られていた。
 しかし、情勢を変えたのが、16日放送の総合テレビ「日曜スタジオパーク」だ。人気歌人の笹公人氏(30)がなんと、HGのコスプレ姿で出演。短歌について語りつつ、「フォ~」「フォ~」と物まねまで披露した。
 笹氏の公式ブログによると、この演出はNHK側の強い希望という。打ち合わせで「あの衣装で出ます」と冗談で口走った笹氏に、数日後に「衣装用意しました!」「HG期待してますよ!」と熱望メールが相次いで届き、後に引けなくなったという。
 「もう、NHK的にHGはアリですよ。紅白という大舞台でこそ、あの芸も生きる…」(先の関係者)
 同局広報部に問い合わせると、HGの出演予定は「現時点では、紅白も含めて一切ありません」とつれない。ただ、今後については「番組の基準にのっとって、出演をお願いすることはあるかもしれません」と含みを残した。腰振りをセーブするなどの条件付きでの出演ならある、とも受け取れる。
 大みそかの紅白で「NHKは皆様の受信料で成り立っています。フォ~!」とやるか。
(夕刊フジ) - 10月27日17時1分更新

[PR]
by yt_iris | 2005-10-27 18:31 | Comments(0)
こんなの作ってみました。似ているでしょうか?
b0034546_22261527.jpg

[PR]
by yt_iris | 2005-10-26 22:26 | Comments(0)

虫歯の治療。

あまりの痛さに、このまま死ぬか失神かと思いました。
歯医者は慣れていないもので、お医者さんと看護婦さんに、
「大丈夫? 体が震えてるけど…w」と心配される始末です。

そして治療中は痛いとも言えず、出るのは「ハウッ!」という声ばかり…。
お医者さんと看護婦さんに笑われてしまいました。
あるいは他の患者さんに恐怖を与えていたかもと思うと反省です。

そして今は処方してもらった痛み止めを飲んで、なんとか小康状態。
実のところ、あまりの痛さに防衛機制が働いたのか、
治療中はどんなだったかあんまり覚えていないのです。
不快な記憶を忘れさせてくれる防衛機制。便利な機能ですね。
[PR]
by yt_iris | 2005-10-26 22:24 | Comments(0)

"I'd just be the catcher in the rye and all."


by yt_iris