<   2006年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

1月のまとめ。

書き込み回数は(まとめを除いて)5本。
投稿率は17%にも満たない状態です。

そんな中でも、仕事では一つのプロジェクトが終了し、
新しいプロジェクトに参加することになりました。
博士論文の作成に活用できる知見も得られています。

また、教育心理学会に向けて個人的なデータ収集を開始。
実験を開始してから、一日がものすごく短く感じます。
やはり、やりたいことをやっているからなのでしょうか。

それから、年始に実家で壊してしまったパソコンを引き取り、
オークションなどで必要な部品を調達して、自力で修理しました。
ヤフーオークションでは1000円程度で入手できる古いパソコンですが、
自分で買った最初のパソコンなので、どこまでも使い続けます。

カービングスキーの板とブーツなどを買いそろえて、
家から車で10分のスキー場に通っています。
まずは今シーズンで2級を取りたくて、来年は1級を目指します。
スクールに入ると、それなりに滑りが変わっていくのが自覚できます。

植物を育てるのも、確かにある種の「癒し」を与えてくれますが、
決してそればかりではありませんでした。そんな一ヶ月です。
[PR]
by yt_iris | 2006-01-31 17:36 | Comments(0)

実験計画(覚え書き)

PCインストラクタが、ユーザの操作技能の向上を意図したとき、
個々のユーザに適した操作支援が望ましいことが予想される。

ユーザのPC操作技能の向上に関する要因として、
これまでの検討より、「PCに対する態度」、
「PCに関する誤った信念」、「統制の所在」、
これらの要因が関係していることが明らかになっている。

しかし、上記の要因以外にも個々のユーザで異なる要因は無数に存在する。
ここでは試験的に、コンピュータ操作場面において発生するトラブルについて、
ユーザはどのように考えているのか(どのような概念を所有しているのか)に注目する。

この検討を通して、
ユーザの背景と所有するコンピュータに対する概念との関連について、
また、ユーザ間に共通するトラブル場面の概念について、
これらの知見が得られることが期待される。
[PR]
by yt_iris | 2006-01-30 18:19 | Comments(0)

次の論文。

Shyness and Locus of Control as Predictors of Internet Addiction and Internet Use
Katherine Chak, M.Sc., and Louis Leung, Ph.D.(2004), CYBER PSYCHOLOGY & BEHAVIOR, Vol.7(5), 559-570

羞恥心の度合いと統制の所在が、インターネット中毒(あるいはインターネットの利用度)の指標となることを提案している。概要をざっと眺めてみると、羞恥心を感じやすく、何らかの影響で信念を変更しやすい人ほど、インターネット中毒になりやすいとの報告がされているらしい。
[PR]
by yt_iris | 2006-01-28 18:32 | Comments(0)
ガーベラ 汚れたホシの隅 まだ何かを待ってた
アンテナ拡げて あてもない空 扉ふたつ開いて
b0034546_2251256.jpg

(ガーベラ/スピッツ)
[PR]
by yt_iris | 2006-01-23 22:54 | Comments(1)

吹雪に咲く花。

デンマークカクタスが見事な花をつけました。
外は吹雪なのですが、場違いを感じさせないくらい威風堂々としています。
b0034546_23271443.jpg

そして次は研究室に置いてあるガーベラが咲きそうです。
冬でも、外はこんな厳しい寒さでも、植物はけなげに頑張っています。
[PR]
by yt_iris | 2006-01-13 23:31 | Comments(0)

年初のご挨拶。

時機を逸した感もありますが、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

このお正月は実家に戻っていました。
数日間、植物を残していったのが気がかりだったのですが、
すべて無事だったばかりではなく、優雅な花が咲いていました。
気温が5度に満たない過酷な環境でも見事な花をつけられるのですね。

車に積もった雪を払い疲れて寝込んでしまった自分を
何とか励ましつつ、自己管理しつつ、今年一年も頑張ります。
[PR]
by yt_iris | 2006-01-04 21:50 | Comments(0)

"I'd just be the catcher in the rye and all."


by yt_iris