<   2007年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

1月のまとめ。

今月の日記(手帳)を見てみたら、
全てのページに博論と書かれていました。
とにかく提出に追われて、提出したあとも何かと手続きがありました。

そして来月の上旬には最終審査で仙台行き。
とりあえずそれを乗り越えるまでは、
「まとめ」られるような心境ではないですね…。

画像は、仕事場のワイヤレスマウスと絵はがき。
絵はがきは、旭山動物園のホッキョクグマです。
b0034546_23214975.jpg

[PR]
by yt_iris | 2007-01-31 23:23 | Comments(0)
昨日、無事に博士論文を提出することができました。
作成期間は4年間。これは長かった…。

文字数やページ数は以下の通り。
これまでに作成した文章の中でも余裕に最長記録です。
b0034546_14524528.jpg

ちなみに、上書き保存した回数は933回。
作業の合間にCtrl+Sで上書き保存しているのですが、
まさか933回も上書きするとは思いませんでした。

論文作成にあたり、ご協力いただきました皆様に感謝いたします。
[PR]
by yt_iris | 2007-01-23 14:53 | Comments(5)
現在使っている携帯はDoCoMoのP505iSです。
仙台のヨドバシカメラで購入したのですが、
もう2年~3年くらいになるかと思います。

その間にも、P902iSP903iP702iDなどが発表されましたが、
どれにしても絶対欲しいと思えるものはなかったのです。
あったとしてもProsolidⅡくらいでしょうか。

しかし、やはり携帯にはカメラが欲しいものです。
ProsolidⅡにはカメラが付いていないので、
泣く泣く選択枝から除外せざるを得ませんでした。
常々、ProsolidⅡ並みの薄型軽量で、
さらにカメラが付いた機種が欲しいと思っていたのです。

そして今日発表されたのが、P703iμ(ミュー)。→公式サイト
b0034546_1873839.jpg

2007年1月現在で世界最薄、カメラ付き。そして格好いい。
ということで、発売日に買ってこようと思います。
携帯はパナソニック。この主張はまったく変わっていないのです。
[PR]
by yt_iris | 2007-01-16 17:59 | Comments(2)
締切まであと一週間。
来週は月曜日から金曜日まで有休を使って、
最後の追い込みに入ります。
現在のところ、文字数73000文字。120ページ。

文字数の問題ではないことは重々承知しているのですが、
最終的にどのくらいの分量になるのか現段階では不明。

画像は、去年の秋に貼ったポストイット。
こんな状況なので、いつまでも剥がせずにおります。
b0034546_20295263.jpg

[PR]
by yt_iris | 2007-01-12 20:30 | Comments(0)
現在、これまでになく膨大な論文を作成しているのですが、
さすがに気分転換をしないと書くことができなくなります。
そこで気分転換として「Yahoo!占い」を覗いてみたのですが、
最近はタロット占いまで出来てしまうのですね。

とりあえず何度も繰り返し出来そうなものですが、
本日の結果は「世界」の逆位置でした。
以下に、その解釈を引用します。
【世界・逆位置】
今まで進めてきたものが中途半端な状態で落ち着いてしまう状況を表す。

状況や気持ち関係が中途半端なままで、逃げ出したくなってしまう。
現状維持がやっとで発展する気配が感じられない。
障害や困難を克服する事ができず自分自身に失望する。
最後の最後に期待がはずれ人生に失望してしまう。
途中まで築き上げてきたものが途中で行き詰まる。
中途半端なまま最終的な状況に達する。

これは、まさに今の状態をそのまま表現しているようなカードでした。
特に「中途半端なまま最終的な状況に達する」こと。
2週間後までには、正位置の「世界」に達したいところです。
[PR]
by yt_iris | 2007-01-05 17:06 | Comments(0)

新年のご挨拶。

あけましておめでとうございます。
本年度もよろしくお願い申し上げます。

(1月4日 追記)
新年は2007年度の手帳に書き込みを行っている間に迎えました。

通算で5年目となる「ほぼ日手帳」は、
予定を記入する月間スケジュール帳としても、
毎日の出来事を綴る日記としても優秀です。

手帳本体とカバーが別売りされているおかげで、
今年度も手帳本体のみの購入で間に合いました。

細かいことはわかりませんが、
革カバーはかなり細かいところまでこだわっているようです。
今年で革カバーは3年目になります。
どの旅行や出張にも持ち歩いているのですが、
その酷使にもかかわらず、まったくほつれが見あたりません。
さらには、使い込まれた革の風合いが変化してきて、
数年前に欲しかった「あの革の感じ」に近づいてきました。

今年も大事に使っていきたいと考えています。
[PR]
by yt_iris | 2007-01-02 22:20 | Comments(0)

"I'd just be the catcher in the rye and all."


by yt_iris