<   2007年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

3月のまとめ。

3月は、ほとんど毎週出張で外泊。東京とか仙台とか。
これまで、一日ゆっくり休んだら疲れが抜けていたのですが、
さすがにここまで連続してしまうと、
一日休んだくらいでは疲れが残ってしまうのです。
もう20代前半の頃の体力ではないのかなぁ…と。
さらに、京都出張の依頼もあったのですが、
日程的、体力的に厳しくさすがに無理でした。

今年は雪が少なくて非常に助かっていたのですが、
3月も中旬から下旬にかけて大雪。
きっちり帳尻を合わせてくるところがさすが雪国です。
これは風物詩というか何というか…、
除雪業者が市内中から集めた雪を運河に放り込んで、
ショベルカーでグルグルかき回していました。
まぁ、もともとそういう運河なのかもしれないですが…。

全体を通して、結構運動していました。
出張で歩き回るというのもいい運動にはなったのですが、
スポーツクラブに通ってみたり、
テニスコートの雪かきを手伝ったりといろいろです。
もう少し、体重を減らしたいと考えております。
[PR]
by yt_iris | 2007-03-31 23:59 | Comments(0)

Eyes On Me - Vocal: Faye Wong

Whenever sang my songs
On the stage, on my own
Whenever said my words
Wishing they would be heard
I saw you smiling at me
Was it real or just my fantasy
You'd always be there in the corner
Of this tiny little bar

My last night here for you
Same old songs, just once more
My last night here with you?
Maybe yes, maybe no
I kind of liked it your way
How you shyly placed your eyes on me
Oh, did you ever know?
That I had mine on you

Darling, so there you are
With that look on your face
As if you're never hurt
As if you're never down
Shall I be the one for you
Who pinches you softly but sure
If frown is shown then
I will know that you are no dreamer


歌う時はいつも
ステージで独りきり
語る時はいつも
聞いて欲しいと願ってた
そのたびに、あなたが笑っていたような
本当かしら、気のせいかしら
あなたはいつも片隅にいた
ちっぽけな、このバーの

ここで最後の夜
いつもの曲を、もう一度
あなたとも最後の夜?
かもしれないし、違うかも
何となく好きだった
恥ずかしそうに私を見るあなたの目
あなたは知っていたのかしら
私もそうしていたことを

ねえ、あなたはそこで
相変わらずの表情
傷ついたりしないかのような
落ち込んだりしないかのような
こうしましょうか
ぎゅっと優しくあなたをつねるの
しかめ面をしたら
あなたが夢を見てないってわかる

[PR]
by yt_iris | 2007-03-30 23:03 | Comments(0)

仙台で得たもの。

4年前のちょうど今頃、東京都小平市から仙台に引っ越しました。
入学式の前日、ダイエーで1万円スーツを買いました。
仙台に住むのは初めてのことだったこともあり、
一人で入学式に参加して、一人で帰ってきました。

そしてこの3月、学位記を受領できることとなり、
「入学式の前日に買ったスーツ」で卒業式に参加しました。
泊まりのホテルから一人で会場に向かったのですが、
帰り道に同期にばったり会うことができました。

もちろん、学位記を受領できたことは大きな喜びですが、
仙台で多くの先生や仲間に出会えたこと、
もう仙台では一人ではないと思えることが、何よりの宝物です。
b0034546_22541394.jpg

工学部生協の前にある石碑には「常日頃」と刻まれています。
緩みがちだった自分をいつも引き締めてくれました。
地味な石碑、地味な言葉にも見えますが、僕の生涯の指針となりました。
[PR]
by yt_iris | 2007-03-29 22:58 | Comments(0)

とりあえず速報。

無事、仙台での学位記授与式から戻りました。
お世話になった皆様に感謝いたします。
詳しくは、また後日に更新したいと思います。
[PR]
by yt_iris | 2007-03-27 22:08 | Comments(0)
急に運動をしたくなって、でもテニスのようなスポーツは無理ということで、
市内のスポーツクラブに行ってきました。
一人でしばらくエアロバイクに乗って、その後サイクリングプログラムに参加。
平たくいえば、つまりはひたすらペダルをこぎ続けたわけです。

で、そのプログラムも終了して帰ろうかと思ったところ、
ジムのスタッフに呼び止められたわけです。以下、その会話。

スタッフ「あの、プロテインの新製品の試飲はいかがですか?」

僕   「あ、ありがとうございます。これ、ペットボトルとかで売ってるんですか?」

スタッフ「ボトルは…ないですね。あちらのカフェで飲むことはできますが。ただ…。」

僕   「ただ…? 何かあるんですか?」

スタッフ「他の会社のプロテインなんですよね。」

僕   「他の会社ですか…。」

その後、スタッフのため息につられて、なぜか僕までため息。
妙に暗い雰囲気になってしまったわけですが、
なんか聞いてはいけないことを聞いてしまったのでしょうか?
[PR]
by yt_iris | 2007-03-25 22:03 | Comments(0)
クロスワードみたいに、どんどん文字を埋めて単語を作るゲーム。
強いとか弱いとかはあんまり関係なく、「どれだけ単語を知っているか」が勝負。
意外な言葉の連鎖があったり、狙って作ってみたりと楽しいゲームです。

まだまだ買ったばかりで進んでいないのですが、
クリアしていくにつれて、マスコットキャラ「もじくん」が出世していくのです。
スタートは「裸一貫もじくん」。
b0034546_2028365.jpg

お世辞にも豪華とは言えない部屋、
そして壁にかけたロープに洗濯物が干してあったりして、
学芸大の寮にいたときのことを思い出してしまうのです。
[PR]
by yt_iris | 2007-03-24 20:28 | Comments(0)

「吾唯足知」

プチ帰省に際して、親からある相談を持ちかけられていたのです。
「新しい携帯が欲しい。でも何をどうしていいのかわからない」とのこと。
まずは携帯のカタログを見せて機能を説明しようとしたところ、
D903iを一目見るなり、「これにする」とのことでした。
思わず、僕の必要性について考えこんでしまいましたが…。

とりあえず端末は家電量販店で格安にゲットできました。
問題はそのあと、どうやって使いこなすかということなのです。

まずはモチベーションの向上を促すため、
家族内ではメールを何通送っても無料ということを教えた途端に、
いきなりメールの使い方を覚えて、使い始めてしまいました。
何というか…、「無料」ってすごいなと感心した次第です。

で、送られてきたメールの内容が「吾唯足知」だったのです。
意味を聞いてみたところ、「満足を知りなさい」とのことでした。
何とも意味の深い、よい言葉とは思ったのですが、
メールで送るには、ありがたすぎる言葉のような気がするのです。

…考えてみれば、アジカンの「海岸通り」と同じことを言っているなぁ。
まぁ、メールが使えるようになったのはよかったですが。

----- 追記 -----
「吾唯足知」

京都の龍安寺の蹲踞(つくばい)に刻まれている言葉。
中央の水穴を「口」の字に見立て、
周りの四文字と共用し「吾唯足知(ワレタダタルヲシル)」と読む。

これは、釈迦が説いた
「知足のものは、貧しといえども富めり。
不知足のものは、富めりといえども貧し。」という
「知足(ちそく)」の心を図案化した仏教の真髄であり、
また茶道の精神にも通じる。

また、徳川光圀の寄進とされる。
[PR]
by yt_iris | 2007-03-22 22:52 | Comments(2)

プチ帰省。

午前中に仕事をきりのいいところまで進めて、これからプチ帰省。
さすがに病み上がりと言うこともあって、
スーパーホワイトアローでの帰省となります。
目的地まで1時間20分。車とは比較にならない速さです。

前にも日記に書いているのですが、
本当は利尻・礼文島に行って海鮮料理を堪能したかったのです。
しかし、いつも結局はプチ帰省の形で妥協してしまうのです。

今年の夏は車で函館まで行くという計画だけは実行したいのです。
[PR]
by yt_iris | 2007-03-20 13:22 | Comments(0)

風邪引いてねんね。

タイトル通りに「風邪引いてねんね」状態です。

昨日の昼にヤマ場を迎えて、研究室でダウンしていたのですが、
今日になってようやく一段落です。

それにしても、カフェインの入っていない風邪薬は割高で、
なんとなく損しているような気がするのです。
薬剤師さんのお話ではカフェインなしでは効き目も弱いらしいですし。

(追記)
風邪薬と一緒に、栄養ドリンクを買ってみました。
初めて見るドリンクだったのですが、
色、味、におい、全部イソジンにそっくり。
まさかイソジンそのものではないと思うのですが…。
[PR]
by yt_iris | 2007-03-18 10:10 | Comments(0)

15年目の「ぷよぷよ」

ようやくNintendoDSも手元に戻って、
「ぷよぷよ! 15th Anniversary」で遊んでいます。
ぷよぷよ15周年記念作品というだけのことはあって、
最近のキャラと懐かしいキャラが登場してきます。

特に、アルルとシェゾとの「まんざいデモ」は、
「初代ぷよぷよ」からのユーザとしては感涙もの…。
 アルル「シェゾ、ヘンタ~イ。
      でも懐かしいから、もっと言っていいよ」
こんな感じの、ほのぼの感がたまりません。

それから、旧ぷよぷよの主人公のアルルと、
現在の主人公のアミティの仲が良いのが微笑ましいです。

ただ、ゲームの内容としては相変わらずの難しさです。
最近ようやく「折り返し」を覚えて、
狙って8連鎖まで作れるようになりました。
でも、CPUならまだしも、対人ではまだまだ弱くて…。

とりあえずの目標は、狙っての13連鎖。
15年経っても、まったく色あせないのがすごいです。
色あせないどころか、むしろ白熱しているかも…。
[PR]
by yt_iris | 2007-03-16 19:00 | Comments(0)

"I'd just be the catcher in the rye and all."


by yt_iris