<   2007年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

(せっかくなので他のスペースで書いている日記の転載です。)
b0034546_22364224.jpg

所属しているセンターは、もともとコンピュータ室だったので、
風景的にも設備的にも機能優先なのです。少し殺風景。
ということで「ここにも観葉植物が欲しいですね」と
常駐スタッフの方々と話していたのです。

ということで、新年度に合わせて観葉植物を発注してみました。
でも、どこにでもあるような観葉植物ではつまらないので、
申請ではじかれることを覚悟して、
ちょっとひねった「月桂樹」を発注してみたのです。
その結果、申請が通ってしまってこちらがびっくりです。
「え、あれで申請が通っちゃったの?」という感じでした。

そして月桂樹が今日届いたのですが…
縦・横・高さが予想の2倍。体積にすると予想の8倍です。
まさか天井に届くくらいの大きさとは予想してなくて、
ノコギリを買って剪定しなければいけなくなりました。
よく考えたら妙な仕事が増えたものです。

さらには、事務の方々のほとんどに、
「センターがすごい観葉植物を買ったらしい」と広まって、
多くの方が月桂樹を見に来る始末です。
葉っぱをちぎって渡すと「あ、ホントにローレルだ」と
納得されるのですが、なんか必要以上に大騒ぎです。

センターの備品を管理してもらっている事務の方に、
発注の際の苦労を聞かせてもらいました。
「備品にしたら枯れたときに処分できなくなるし、
 かといって月桂樹は消耗品でもないし…」とのこと。
何かと面倒な手続きだったようで…、本当に反省しております。

----- 追記 -----
月桂樹(ローレル:laurel)
古代ギリシア・ローマではその枝を輪に編んだ冠を戦いや競技の勝者に与えて名誉を賛えた。勝利・平和または文学・芸術の象徴。

…文学・芸術の象徴ということで、
なかなか縁起のいい木のようです。
[PR]
by yt_iris | 2007-04-27 22:36 | Comments(0)
締切二日前になってようやく思い出したのは、
教育心理学会ポスター発表の締切。

突貫工事というか手抜き工事というか、
とりあえず一通りまとめて送付したのですが、
自分でも「うーむ」と言ってしまうような内容。
いくつもの仕事が平行しているせいで、
何が何だかわからなくなってしまってます。

「とにかく目の前の作業をやれ」という、
恩師の言葉が今になって響いてきております。
恩師はもう、超人というか鉄人というか…。
あ、どちらかといえば後者の方がぴったりしてる。
[PR]
by yt_iris | 2007-04-25 20:38 | Comments(0)

自宅でひたすら待機。

住居の管理人から連絡があって、排水溝の点検をするので、
19日の13時から14時まではかならず在室してくださいとのこと。
っていうか、19日は思いっきり平日なわけですが…。
ということで、なし崩し的に自宅軟禁状態です。

午前中には冬タイヤから夏タイヤに交換。
ガソリンスタンドに持って行って、見積もりと交換依頼。
去年の冬に入るときにもタイヤ交換したのですが、
いつにしても高いものです…雪国住まいの宿命でしょうか?
[PR]
by yt_iris | 2007-04-19 12:48 | Comments(0)
楽天ブログをしばらくぶりに更新
なぜ雪融けは木の周囲から始まるのかについて。

なんか、「~に関する一考察」って名付けたところが、
どこかの大学の研究論文っぽい感じがしますが。

(追記)
研究活動HPにも追記。業績の追加。
[PR]
by yt_iris | 2007-04-10 20:48 | Comments(0)
地方統一選挙が明日に迫っていることから、Yahooがなかなか面白い特集ページを組んでくれました。「Yahoo!みんなの政治-統一地方選挙特集」です。

まぁ、これまでも選挙特集はあちこちのサイトで特集されているので、特集を組むこと自体にはそれほど目新しさはありません。しかし今回は、簡単なアンケート(16項目)に回答するだけで、その人の政治的な考え方をグラフに位置づけてくれる機能があるのです。

結果から自分のスタンスや位置を知ることも面白いのですが、これまでの回答結果を、属性別に眺められるのも面白いです。例えば、支持政党間での回答を比べてみたり、会社員と公務員の回答を比較したり、20代と60代を比較してみたり…。一目瞭然とはこのことなのでしょうね。素晴らしいグラフの活用っぷりです。

ちなみに僕の結果は「保守的かつ大きな政府を目指すタイプ」とのこと。言われてみれば何となくそう思ってしまうのはバーナム効果としても…、まぁ外れてはいないと、そんな気はします。政治的なことはよく分からないのですが、話のネタにはなるかと思いました。
[PR]
by yt_iris | 2007-04-07 12:09 | Comments(0)
これまで、学部からずっとテニスサークルに入っていたこともあって、
「水と安全とテニスはタダ」と思っていたのですが、
思い切ってテニススクールに通ってみることにしました。

何というか、テニスは奥の深いスポーツで、
何年やってもまだまだ上が見えないものです。
そんな中でも、技術の進歩があればうれしいもので、
なかなかやめられないというか、おそらく一生ものです。

よく言われていることには、ブランクが空いてしまうと、
フォアハンドが格段に下手になる一方で、
バックハンドはそれほど変わらないらしいです。
今日は、まさにそれを体験してきました。

でも、それ以上にショックだったのが、
サーブを打つときのトスアップの不安定さです。
もう、あっちに行ったりこっちに行ったり。えらいことです。
学部の時には何度でも同じ場所に上げられたのですが…。
何よりもそれがショックなスクール初回でした。
[PR]
by yt_iris | 2007-04-05 23:18 | Comments(0)
先日の「mixi読み逃げ」は、盛大な「釣り」だった模様。→検証記事

ということで、記事担当者の自作自演だったとのこと。
何というか、ここまで見事に釣られてしまうと、
かえってすがすがしさを禁じ得ないのです。

しかし、現実としてコメントをつけずに素通りするだけでも
追跡して非難してきたりすることもあるようで、
ただのネタと片付けられるものでもなさそうです。
[PR]
by yt_iris | 2007-04-05 11:11 | Comments(0)

5インチFDへの懐古。

某大学の教員募集要項より、必要書類の部分を抜粋。

-----
①個人調書(写真添付 5×5cm撮影1年以内)
②教育研究業績書
③教育研究業績要旨
④採用後の教育研究に関する抱負(1200字程度)
⑤上記①~④については、USBメモリー等を添付することが望ましい。
-----

これまでデータ添付を求める要項は見たことがあったのですが、
「USBメモリー等が望ましい」は初めて見ました。
なぜFDでもCDでもなく、USBメモリーなのでしょう?
USBメモリーも使い捨ての時代っていうことなのでしょうか。

こうなってくると懐古の域に達するのでなんなのですが、
郵送するときは、5インチFDが薄くて軽くて楽なんですよね…。
見直しの動きとか起きたら面白いのですが。
[PR]
by yt_iris | 2007-04-04 09:54 | Comments(2)

"I'd just be the catcher in the rye and all."


by yt_iris