<   2008年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

5月のまとめ。

5月はDS文学全集で3冊読みたいと言っていましたが、
結局、3冊では済まないくらい読んでしまいました。

宮沢賢治や芥川龍之介などの超メジャーな小説に加えて、
国木田独歩を読んでみたのですが、これが面白かったです。
洗練された小気味よい文章が連なっていて、
サクサクとスマートに読み進めることができました。
「牛肉と馬鈴薯」と「武蔵野」がお勧めです。

それ以外は…なんか、ずっと書類を書いていた気がします。
似たような書類がたくさんあって、もう何が何だか…。
それでも、きちんと締め切りまでには出さないといけないのです。

それから、新入生を対象とした一泊二日の合宿にも参加。
林間学校を引率する先生の気分を、少しは味わえた気がします。
担当しているゼミも、いよいよ本格始動という感じです。
学生としても、一回パワーポイントを使ったら、
もう紙のレジュメ作成はしたくないと言っていました。
これはいいことなのか悪いことなのか…。
b0034546_2262971.jpg

ある日、職場でハローキティの話題になって、
僕が「こんな感じでしたっけ?」と描いたのが右上。
「これはキティじゃなくて、ニッセンレンジャーですね」と
言われてしまいました。調べてみたら、確かにそうでした。

その後、学生さんがうろ覚えでキティを描いたのですが、
これが見事にキティを再現してました(左)。
さらに、よくわからないと言いつつも、
見事なニャロメを描いてくれました(中央下)。
っていうか、なぜその歳で知っているのか。それが気になります。
[PR]
by yt_iris | 2008-05-31 23:59 | Comments(0)
ここ半年ほど、iTunesの残高が減ってません。
聴きたい曲は、ほとんどTSUTAYAでアルバムを借りてくるし、
この一曲だけ欲しいという場面は、想像以上に少ないものです。

今日、久しぶりにポルノグラフィティの「アゲハ蝶」を探してみたら、
iTunesのラインナップには存在しないようでした。弱りました。
b0034546_23512953.jpg

[PR]
by yt_iris | 2008-05-27 00:00 | Comments(0)

「斑鳩 IKARUGA」

XBOX Liveアーケードゲーム「斑鳩 IKARUGA」 公式サイト

我、生きずして死すこと無し、理想の器、満つらざるとも屈せず
これ、後悔と共に死すこと無し

b0034546_0344114.jpg

シューティングゲームが「弾幕避けゲー」と言われるくらい
マニア向けゲームになってしまってから、すっかり遠ざかってました。
シューティング業界としても、かなり苦戦していたとのことです。
確かに、よほどM傾向が強くなければ、近づかないだろうな…と。

ここで、最近になって、XBOX360でシューティングゲームの
最高傑作「斑鳩」がダウンロードで購入できると聞きました。
どうやら評価がかなり高いらしくて、雰囲気も和風テイスト。
ということで、ちょっとやってみようかと思ったのです。

その結果、すっかり斑鳩のトリコになってしまいました。
シューティングの最高峰と言われる由縁も何となくわかります。
斬新なシステムと、超美麗なグラフィック。そしてストーリー。
感動的で泣けるシューティングは、そう多くないことでしょう。
b0034546_0505547.jpg

斑鳩を巡る背景としては、かなりの逆風だったようです。
上述のように、シューティングが「弾幕避け」となってしまい、
ジャンル全体が下火になっていました。
斑鳩に対する注目度も、まったく低かったことでしょう。
その状況が、チャプター1のテロップに伺えます。
(Chapter: 01 理想)
嗚呼、斑鳩が行く・・・・・・
望まれることなく、浮き世から
捨てられし彼らを動かすもの。
それは、生きる意思を持つ者の
意地に他ならない。
ある程度の時間をやり込むと、フリープレイになって
何度でもコンティニューできるようになります。
なので、クリアだけなら誰でもできるはずです。
高得点を狙いだした途端に、地獄のような難易度になりますが…。

とにかく、XBOX360を持っている方は、
ぜひともダウンロードして、一緒に感動しましょう。
向き、不向きはあるとしても、「斑鳩」は最高傑作だと思います。
"Was I helpful for you?"
"I am deeply grateful to you."

[PR]
by yt_iris | 2008-05-26 00:45 | Comments(0)
先週から今週にかけて、出張などでクルマ移動が多かったのですが、
ついに通勤時に燃料警告灯が点灯してしまいました。
普段は半分くらいで給油するので、警告灯は初めてです。

よく聞く話では、警告灯が点いてからでも、
100キロくらいは走れるらしいとのことなのですが、
そのランプが点灯しただけでも、ものすごいプレッシャーでした。
いつエンストするかわからないのが、これほどの恐怖だとは…。

とりあえず冷や汗をかきながら10キロ離れたGSに行って、
限界ギリギリまでセルフ給油。初めて30リットルをオーバー。
ガソリンはクレジットで払うようになって久しいのですが、
これまでで一番高額でした。まぁ、仕方ないことではあるのですが…。
[PR]
by yt_iris | 2008-05-23 21:50 | Comments(0)
先日、大学生協委員に所属している学生が訪ねてきて、
アルコールの怖さについて周知するパンフレットを作りたいので、
簡単な心理ゲームを作成してほしいとの依頼がありました。

せっかくのことなので、二つ返事で承諾したのですが、
実は、アルコール中毒や依存について何も知らないのです。
考えてみれば、フラワーセラピーの講演に始まって、
いろいろと専門外の依頼が多々あるものです。

それから、ちょっとした打合せで副学長室に行った際、
偶然にも「多次元尺度法」に関する話題になったのですが、
内容がまったく分からず、相づちを打つだけ状態でした。
名前だけ知っていても、その目的や手法を知らなければ、
まったく知らないのと違いがないな…と自覚しました。

ということで、心を改めて勉強に精進しなければと思った次第です。
[PR]
by yt_iris | 2008-05-21 23:31 | Comments(0)
大学の新入生を対象に、一泊二日の合宿がありました。
いちばんの狙いとしては、新入生の友達作り、
そして、自分の頭で考えて議論する能力の育成です。

ということで、某市の青少年山の家に引率に行ってきました。
やはり、基本的には小・中学生を対象にした研修施設なので、
設備も何もあったものではないのですが、
それでも新入生は元気なものです。
修学旅行の延長のような感じなんでしょうか。

その日の朝、道に迷いながら到着したのですが、
到着するなり「炊事班長」の役職を与えられてびっくりです。
とりあえず、買い出しとか、コンロの火熾しとか、
かつての林間学校を思い出しながらの作業でした。

そういえば、修士時代に中学校の林間学校に、
引率手伝いで行ったことがある気がします。
まったく、何が役に立つかわからないものです。

学生にアルコールは御法度なので、教員同士でちびちびと。
それで、つい気が大きくなってしまったのでしょう。
夜の3時に一人で学生の部屋に突入して、
一時間もフリートークしてしまいました。

それにしても、いったい何を熱くしゃべっていたのか…。
「メガネ男子」と「和服書生喫茶」の魅力と、
「さよなら絶望先生」について語っていたような気がします。
漠然としていて、あまり覚えていないのですが。

まぁ、自分としても結構学ぶことがありました。
始まるまでは不安だったのですが、参加してよかったです。
[PR]
by yt_iris | 2008-05-19 23:09 | Comments(0)

教育心理学年報。

しばらく届いたまま放置していたのですが、
今日になって教育心理学年報を読んでみました。
そしたら、自分の学会発表がレビューされていてびっくり。
何というか…。ありがとうございます。

っていうか、去年のポスターセッションでは
ほとんど誰も聴きに来てくれなくて、
正直どうしようかと思っていたのですが…。

それから、帰りにスーパーに寄ったら、
舞茸が1パック48円でした。
舞茸が安くて美味しかったので、今日はいい日でした。
[PR]
by yt_iris | 2008-05-15 22:45 | Comments(0)

今日の書籍購入。

仕事柄、本だけは揃えておかなければならないのです。
特にゼミを担当していればなおさらのこと。
ただ、腰を据えて読むだけの時間が欲しい…。

-----
現代心理学入門4 社会心理学(1995)
安藤清志・大坊郁夫・池田謙一,岩波書店

IQってホントは何なんだ? 知能をめぐる神話と真実(2007)
村上宣寛,日経BP社

ニセ心理学にだまされるな!(2007)
古澤照幸,同友館

思考の整理学(1986)
外山滋比古,ちくま文庫

金閣寺(1960)
三島由紀夫,新潮文庫
[PR]
by yt_iris | 2008-05-11 21:10 | Comments(0)

とりあえず3冊。

今月の目的は、DS文学全集で3冊読むこと。
名前だけ知っていて、読んだことがない名作が結構あるもので、
一冊ずつでも読んでいけばよいかな、と。

例えば「吾輩は猫である」あたり、
あの有名な書き出しは知っていますが、
その本文までは読んだことがないのです。

それから、DS文学全集には入っていないのですが、
三島由紀夫の「金閣寺」も一度読んでみたいのです。
なぜ「金閣寺を焼かねばならぬ」と思ったのか、
それが不思議で仕方ないのです。
まぁ、こればかりは書店で買ってくるしかないのですが。
[PR]
by yt_iris | 2008-05-07 23:36 | Comments(0)
先月から、すっかり「さよなら絶望先生」にハマっております。
とりあえず単行本は全部集めて、
アニメ版もレンタルできるものから見始めています。

ということで、絶対に内容を勘違いするプロモを紹介します。

【さよなら絶望先生MAD】 スピカ(椎名林檎)
もはや明るいラブコメにしか見えません。
とりあえず、こういう話ではありません。

【攻殻機動隊×さよなら絶望先生】 rise(Origa)
動画は絶望先生で、オープニング曲は攻殻機動隊です。
少量のドッキリ成分を含みますので、ご注意ください。
[PR]
by yt_iris | 2008-05-02 21:07 | Comments(0)

"I'd just be the catcher in the rye and all."


by yt_iris