<   2009年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

1月のまとめ。

一月は、全体を通して、かなりバタバタしていました。
お正月は実家で過ごしていたのですが、それも二日の夜まで。
それからは、ずっと職場に通い詰めです。

上旬から中旬にかけては、いろいろ学内イベントに参加。
一度、市役所に行って学生の発表の審査をしてきたのですが、
そこでは一切の暖房が入っていませんでした。
そんな環境で、3~4時間の打合せ。案の定、風邪を引きました。

学内イベントが一段落するころに、ようやく実験に向けた準備。
思わぬところで必要な資料やら材料が出てきて、
実験を開始するまでは、かなり綱渡りになりました。
まぁ、これは実験をするときには、いつものことです。

そして下旬の2週間は、実験を中心とした生活。
1回の実験には1時間が必要で、1人ずつしか実施できないのです。
なので、実験の合間に書類を作ったり、会議に出たり…。

これまでの実験は、長くても1週間程度だったのですが、
今回は、被験者の学生が、次々に友人を紹介してくれるので、
なかなか終わりが見えない状態になっています。
こういう実験は、いったん停止してしまったら、
それ以上のデータを集めることは不可能になるので、
ありがたいことではあるのですが、そろそろ限界かもです。

月末に、来月の出張スケジュールを確認してびっくり。
2週間の間に、3回も京都に行くことになっていました。
せっかく出張するなら、次はちょっと足を伸ばして、
奈良公園でシカと触れあってきたいと思います。
それから、斑鳩町に法隆寺を見に行くのもいいかも。

もともと、かなり無理のあるスケジュールなので、
これくらいの楽しみがないと、ツラいことになります。
画像はチロルチョコ「さくらもち」。春が待ち遠しい季節です。
b0034546_21134819.jpg

[PR]
by yt_iris | 2009-01-31 23:59 | Comments(0)
よく名前を聞くから、とりあえず見ておこうと思ったアニメ「らきすた」。
徹底的にほのぼのした日常を描いた作品なので、
夜中に適当に見るにはぴったりだったのですが、
まさかそのアニメに泣かされるとは…すっかり油断してました。

これまで、ずっと日常的な描写を続けてきたこともあって、
第22話の「ここにある彼方」の良さがきわだっていました。
素直に、ここまで見続けて良かったと思います。

ところで、次回予告のセリフにどこかで聞いたフレーズ。
「気流がじゃまで上手く飛べないの!」に思わず反応。
調べてみたら、なるほど同じ声優さんだったわけですか。
何というか、第22話はフォローまで完璧だと思いました。
[PR]
by yt_iris | 2009-01-28 22:24 | Comments(0)
ここ一週間くらい、10名くらいの被験者に実験中です。
実験課題の一つに、思ったことをカードに記入するものがあるのですが、
今日の被験者が書き出した言葉が、「イコールで繋ぐ」。

ACIDMANの曲「イコール」とまったく同じフレーズが出てきて、
思わず「ACIDMANのファンですか?」と聞いてしまいました。
「そうではないです」と言っていましたが、本当かどうかあやしいものです。
[PR]
by yt_iris | 2009-01-26 22:57 | Comments(0)
「そういえば、音楽のジャンルっていろいろありますよね。」
「ロックとかポップとかですか? いろいろありますね。」
「なんかオルタナティブってのがあるらしいんですが、
 どんな感じの音楽なんでしょう。」
「オルタナティブですか。もう、名前からして全然…。」

ということで、「オルタナティブ」を調べてみました。
一言で言ってしまえば、オルタナティブというジャンルは、
「メジャーなもの以外」を示すらしいです。

例えば、ロックやJポップ、R&Bがヒットしていたら、
それ以外のジャンルがオルタナティブになるわけです。

「正統派ロックバンド」が売りになるということは、
「正統派でないロックバンド」が存在することが前提になるわけで、
オルタナティブは、まさに後者を指す用語です。
なので「オルタナティブ=マイナーなジャンルいろいろ」と
思っておけば問題ないものと思われます。

ただ、ちょっと難しいところがあって、オルタナティブは
メジャーになった時点で、オルタナティブの枠から外れてしまうのです。

例えば、もう10年くらい前のこと、ロックやR&Bが全盛の頃に、
坂本龍一のピアノソロ(ENERGY FLOW)がオリコン1位になりました。
(それまで、インスト曲が1位になったことはありませんでした。)

世間的には、インスト曲を聴くことはマイナーだったのですが
いきなりインスト曲を聴くことがメジャーになってしまったわけです。
オルタナティブが、オルタナティブでなくなってしまいました。

個人的には「あまり有名じゃないけど、自分は好き」という、
割り切った考え方をしているオルタナティブが好きです。
むしろ、自分自身もオルタナティブでありたいと思うのです。
[PR]
by yt_iris | 2009-01-25 21:49 | Comments(0)
今日ご紹介するのは、研究室で使っているカラープリンタです。
b0034546_1538074.jpg

この巨大なプリンタは、お下がりでもらってきたものです。
これは、もともと職場内の某センターで使われていて、
一日に数十枚、多いときには数百枚の印刷をしていました。
業務用としては普通かもしれませんが、かなり過酷な使われ方です。

その過酷な環境のせいか、印刷が不調になってしまって、
一時的にメーカーに修理に出すことになりました。
ところが、その修理の間に、新しいプリンタの予算がついてしまい、
修理から戻ってくると同時に、廃棄処分になることが決まったのです。

この経緯を知っている自分としては、このまま廃棄してしまうには、
あまりにもったいないし、あまりに可哀想だと思いました。
ちょうど、研究室に手頃なプリンタが欲しいと思っていたこともあり、
「私が引き取ります」と申し出て、台車でゴロゴロと引き取ってきました。

現在では、研究室で悠々自適のセカンドライフを送っています。
時折、論文や分析結果を印刷する程度しか使わないので、
利用頻度はかなり減りましたが、廃棄処分よりは幸せではないかと。

研究室の個人ユースには、ちょっと仰々しいところがあって、
設置スペースも結構大きいのですが、元来モノが少ない研究室です。
自分としても満足ですし、プリンタとしても恐らく満足でしょう。
こういうのを、「愛着」とか「縁」というのかな…と思います。
[PR]
by yt_iris | 2009-01-24 15:38 | Comments(0)
[条件1]
自分の担当したゼミ生が市内に在住していて、
コンタクトを作るために眼科に向かう。

[条件2]
自分が通っているテニススクールでは、
眼科のお医者さんと一緒にレッスンを受けている。

[条件1+条件2]
ゼミ生と眼科の先生が会って、
お互いの知っている人が完全に重なって話題になる。

…ということで、両方から報告があってびっくりした次第です。

ゼミ生の報告によると、お医者さんは、
「ytさんは、テニスも上手だし真面目な人だよね」と言っていたそうです。
お医者さんの報告によると、ゼミ生は、
「yt先生は、授業も楽しくて、本当にいい先生です」と言っていたそうです。
評価がおおむね一致していたようで良かったです。

何というか、自分の知らないところで人を繋いでいたようで、
うれしいような、困惑しているような、複雑な気持ちです。
しかし、まぁ、悪いことではないかな…と。
[PR]
by yt_iris | 2009-01-22 23:28 | Comments(0)
この画はいったい何なのかと。
b0034546_0283398.jpg

(花畑牧場の一角で、ふざけてチーズやスイーツ販売を始めようとするビートたけしと苦笑いの田中義剛:2008年10月)
[PR]
by yt_iris | 2009-01-22 00:27 | Comments(0)
ただでさえ、日常業務に加えて実験でバタバタしているところに、
「実験中」のパネルを手作りで作ってしまいました。
何というか、そういう状況だからこそ、作りたくなったというか。

自分的にも、なかなかの出来映えだと思っていたら、
一部始終を見ていた事務の方に「小学校の先生みたいですね」と言われました。
まだまだ、小学校教員属性が抜けきっていないようです。
っていうか、いつか、この属性が消える日は来るのでしょうか?

b0034546_23422474.jpg

(実験の待ち時間に、いろんな小説や本も読んでおります)
[PR]
by yt_iris | 2009-01-19 23:42 | Comments(0)
手続きが面倒で「おさいふケータイ」を使っていなかったのですが、
思い立って「iD」の申請をして、ガソリンスタンドで使ってみました。
本当に、ケータイを一瞬近づけるだけで会計ができてしまって、
今更ながら、21世紀を実感してしまいました。何かすごいです。

21世紀に関連して、思わずマンガの1シーンを思い出しました。
(さよなら絶望先生 第十一集より)
b0034546_14382012.jpg

b0034546_14383922.jpg

・肌がみどり色のヒロイン
・国木田独歩7世
・アルミはくの折り紙
・ウロコ犬

なかでも、「国木田独歩7世」には笑ってしまいました。
よく、こんなことを思いつくものです…。
[PR]
by yt_iris | 2009-01-17 14:38 | Comments(0)
これはもう、乾いたため息しか出ないようなニュースでした。
利用する機会も結構多くて、きれいなホテルだったのですが…残念です。

<小樽グランドホテル>閉館 経営不振のため2月15日で
1月15日21時49分配信 毎日新聞

 北海道小樽市稲穂1のシティーホテル「小樽グランドホテル」(竹内恒之社長、100室)は、経営不振のため2月15日で閉館することを決めた。従業員120人は同日付で全員解雇される。05年10月まで同じビルで営業していた丸井今井小樽店とともに、中心市街地のシンボル的存在だった。

 ビル(地上13階、地下1階)は稲穂1丁目地区再開発事業として90年、丸井今井(札幌市)と共同で建設、開業した。しかし、丸井今井小樽店は丸井今井の経営再建の一環で閉店。グランドホテルは計1000人収容の宴会場を備えるなど市内有数の規模を誇っていたが、競争激化などで経営不振が続いていた。

 ビルを所有する不動産会社「小樽開発」に対する家賃などの未払い額は9億円を超えるとみられる。

 小樽市内にある系列の「小樽グランドホテル・クラシック」(29室)も2月15日に閉館。おたる水族館内のレストラン施設も閉鎖する。

 一方、旧丸井今井小樽店跡で営業していた商業施設「おたるサンモール・ネオ」も3月末での閉店が決まっており、小樽市中心部の衰退はさらに加速しそうだ。

[PR]
by yt_iris | 2009-01-16 23:02 | Comments(0)

"I'd just be the catcher in the rye and all."


by yt_iris