<   2009年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2月のまとめ。

2月は、上旬と下旬で大きく違った月でした。
最初は個人研究から始まったのですが、
後半は出張に次ぐ出張で、ギリギリの状態が続きました。
結局、2月のまとめを書くのも、すっかり3月になってから。

上旬は、個人研究の実験を何本か。
実験をした後は、すぐに分析に取りかかるのが望ましいのですが、
データを取った後、そのまま放置になってしまってます。
いつでもデータ収集を開始できるように…と思ったのが裏目に出ました。

中旬は、いろいろと書類書きやら雑務やら。
大学三年生の弟が就活で泊まりに来たのですが、
SPIの本とか持ってきたはずなのに、ゲームしてました。
これは大丈夫なのかと、思わず不安になってしまいます。
まぁ、本人は頑張っているようなので、口出しできないのですが…。

下旬は、シンポジウムとか出張とか。かなり厳しい日程でした。
京都というか、その近辺は、なかなか魅力的なのですが、
1週間に2回も向かうものではないことがわかりました。
っていうか、空港から京都までが案外遠くて大変だったのです。

まだ一回目の出張は、奈良まで足を伸ばす時間があって良かったです。
ここ最近は、妙にシカの魅力にはまってしまってて、
奈良公園のシカと戯れてきたのは楽しかったです。
さすがに5~6頭に囲まれると、それなりに怖いものがありますが…。
やっぱりシカは眺めるものではなく、直に触れあうものでした。
b0034546_22522698.jpg


しかし、次の出張はそんな余裕など微塵もなく、ひたすら仕事してました。
何より辛かったのは、夜の12時に空港から家に戻ってきて、
翌早朝には、次の出張に向かわなければならなかったこと。
忙しいという表現も生易しいくらいの疲労感です。

まぁ、何とかこの時期を乗り越えることができてよかったです。
手当たり次第に買ったシカグッズも、研究室に飾りました。
今度は、雨でない日に、のんびりと奈良公園に行きたいです。
[PR]
by yt_iris | 2009-02-28 23:59 | Comments(0)

子鹿ストラップ。

これは、先日の京都出張(奈良)で買ってきた「子鹿ストラップ」。
さっそく出張用のカバンに付けて、出張準備も万端です。
b0034546_23544612.jpg


ということで、また明日から京都出張。
試験監督を挟んで、二日おきに京都に向かうのは大変です…。
[PR]
by yt_iris | 2009-02-26 23:56 | Comments(0)
京都出張の疲れを癒す間もなく、某試験の監督業務でした。
昨晩は遅くに戻ってきて、そして今朝は早起き。
体力的にも、さすがにキツい一日でした。

監督中に、ふとしたきっかけで気付いたのですが、
男子トイレに「必勝」と書かれたいたずら書きを発見。

何というか、それを見て、同時に2つの感想を持ちました。

一つ目は、受験生は「勝つこと」が目的であること。
いつの間にか自分は「負けないこと」を第一にしていました。
その貪欲さというか、根性は評価に値するのではないかと。

それから二つ目は、いくら勝ちたいからといって、
公共の場所に油性インクで書き込みをするのは、
あまりにルール違反が過ぎるのではないか…ということ。
公共の機材に対する意識が希薄なのでしょうか?
さすがにこれは、誉められたことではないと思うのです。
[PR]
by yt_iris | 2009-02-25 23:29 | Comments(0)

出張から戻りました。

何とか出張から戻りました。
画像は、京都新聞で気になった広告。
b0034546_03565.jpg

[PR]
by yt_iris | 2009-02-25 00:03 | Comments(0)

京都出張中。

午前5時に起床して、電車を乗り継いで空港へ。
空港から自宅までが遠いと、何かと大変なものです。

今回の飛行機はCRJ-200。これまで乗った飛行機でも最小。
あまりの窮屈感にすっかりやられてしまいました。
揺れるだけなら、ある程度は耐えられるのですが、
座席が狭いのだけはガマンできないのです。
MD-90がどれだけ贅沢な飛行機か、身をもって知りました。

何とか午前中に伊丹空港を経由して京都に到着。
これは個人的な印象なので怒らないでほしいのですが、
大阪に来るたびに、何となく居づらい雰囲気を感じます。
これは、全体的に町並みがキツめなせいでしょうか?

画像は京都駅名物の大階段です。相変わらず無駄にデカい。
駆け上がり大会が開かれるのも、わかるような気がします。
b0034546_22252722.jpg

吹き抜けから東西へは渓谷状の階段が設けられている。伊勢丹側の大階段は段数171段、高低差は11階建てビルに相当する35m、全長70mある。大階段はコンサートや、毎年2月の「JR京都駅ビル大階段駆け上がり大会」(主催:KBS京都)などイベント会場としても利用されるほか、カップルや観光客の憩いの場ともなっている。また、非常時の避難経路となることも想定されている。(wikipediaより)

[PR]
by yt_iris | 2009-02-23 22:25 | Comments(0)
2月14日の午後に送って、22日の夕方に到着しました。
予想してたよりは、少しだけ早かったです。
それから、オンライン1ヶ月無料カードが付いてきました。

さっそく、修理内容を確認してみたところ…
・DVDドライブを交換しました。
・サブ基板(ワイヤレス機能・電源)を交換しました。
・メイン基板(マザーボード)を交換しました。

これはつまり、外箱を除いて全部交換ってことでしょうか?
[PR]
by yt_iris | 2009-02-22 19:56 | Comments(0)
予約受付開始日に発注して半年、やっと手元に届きました。
「DVD付き初回限定版 さよなら絶望先生 第十六集」。
b0034546_2373168.jpg


これで「獄・さよなら絶望先生シリーズ」もフルコンプ、
特典の専用ボックスに「きっちり」収まりました。

内容も面白かったし、十分に満足しております。
まぁ、これから何度も読み返すわけですが…。

(追記)
コミック第15集「暗中問答」の2ページ目で、
左側の一番奥の影は名取羽美かと思ってましたが、
DVDで確認すると絶倫先生っぽい感じ。
これは一体、どっちなんでしょう?
[PR]
by yt_iris | 2009-02-18 23:08 | Comments(0)

ネットの気になる動画。

ジャミロクアイの「Virtual insanity」の現実感のないPVを、
あえて3D動画で再現することに、強烈な皮肉を感じました。
比べてみると、完璧です。「初音ミク Virtual insanity

ところで今週の「まりほり」に、絶望先生エフェクトがありました。
さすがに「絶望した!」はありませんでしたが、ファンサービス十分です。
[PR]
by yt_iris | 2009-02-17 23:35 | Comments(0)

50,000アクセスに寄せて。

もともと、飽きたら放置するつもりで作ったホームページですが、
気付けば今年で9周年になっていて、50,000アクセスを超えていました。
ここ数年は、ホームページに関して努力らしい努力もしていないので、
それほど誇れることでもないのですが、何となくうれしい数字です。

今から9年前は、僕はまだ学部3年生でした。
そのお正月は帰省せずに、ひたすら小平市でのんびりしていたのですが、
あまりの生産性のなさに辟易して、適当にHTMLの勉強を始めたのです。
それがホームページを作ろうと思ったきっかけでした。

当時は、今みたいにブログのような便利なサービスもなかったので、
ちょっと文章を書くだけでも、HTMLファイルを操作する必要がありました。
面倒と言えば面倒でしたが、それでも十分に楽しかったものです。
それから「何か面白いことを書かなければ…」という気負いがあって、
まさに迷走としかいえない文章を書いていた時期もありました。
そうした記録も残っているのが、今になっては「楽しみ」となりました。

2000年の頃は、テレホーダイが主流でADSLも普及していませんでした。
一つの画像が表示されるまでに30秒や1分はかかるような環境なので、
自分のホームページは、極力画像を使わないように配慮していたものです。
実は、今ではすっかり顔のようになった左上のオリジナルロゴも、
初めて登場したのは、開設から半年経ってからのことでした。
ちょっと古さはありますが、なかなか飽きが来ないシンプルなロゴです。

せっかくなので、エクセルでいろいろ計算してみました。
開設してから今日までの日数は3,323日とのことでした。
それで、アクセス回数の50,000を割ってみると、
一日あたりのアクセス数は、だいたい15くらいとのことでした。
こんな内容でも訪れてくれる方がいるのは、ありがたいことです。

こんな感じで、さほど気負うわけでもなく、放置するわけでもなく、
今後もあっさりとした更新を続けていきたいと考えています。
それこそ、田舎の小さな博物館のように、気楽に地味に続けるのが、
自分の性格にもぴったり合っているように思います。
「たいしたものはありませんが、元気にやっています」と。
[PR]
by yt_iris | 2009-02-16 23:12 | Comments(0)

XBOX360の修理中。

先日、XBOX360が壊れてしまいました…。
もともと、かなり壊れやすいハードとは聞いていたのですが、
まさか自分のも壊れるとは思っていませんでした。

XBOX360には自己診断機能がついているのですが、
致命的なトラブルが発生した時には、
普段は黄色いライトが、赤の点灯に変わるのです。

いわゆる、Red Ring of Death(RRoD)と呼ばれる状態で、
こうなってしまったら修理センターに送るしかありません。

修理はだいたい10日前後で完了するとのことですが、
その間はパソコンでしかDVDが見られないのが辛いです。
DVD再生専用機として、どれだけ使っていたかを自覚しました。
[PR]
by yt_iris | 2009-02-15 22:34 | Comments(0)

"I'd just be the catcher in the rye and all."


by yt_iris