<   2010年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

いきなり空港に足止めされて、あまりに暇だったので、iPod touchで文章を書いていました。あんまり見せるものではないかな…と思いつつも、記録のためにブログに掲載します。

-----
2月28日、新千歳空港から、仙台空港に到着しました。時間的には15時を過ぎたくらい。到着すると、仙台空港アクセス線が、チリ地震の大津波警報の影響で、復旧の見通しのない運転見合わせになっていました。

とりあえず、しばらく待てば再開するかと思って、のんびり二時間くらい待っていました。しかし、一向に再開する見込みが立たないのです。最初は、16時過ぎには復旧する見通しだったのですが、気付けば17時過ぎになっていました。最終的には、再開見込みは20:30とか21:30になってしまう始末。いくら今日は移動だけとは言え、このまま夜まで仙台空港から出られないのは困ります。

仕方ないので、バスの方を当たってみることにしました。そこで初めて気づいたのですが、これまでの輸送のメインだった空港バスは、ほとんど走っていない状態でした。予定では、この四月にも完全に廃線になるようです。

まずはバス乗り場に向かってみると、今日はJRで代行バスを走らせているとのこと。あわてて飛び乗ろうとしたら、まずは仙台空港駅の券売機で名取駅までのJRの切符を買うようにと止められてしまいました。仕方ないので、急いで仙台空港駅まで走ったのですが、全部の券売機が緊急停止中。こちらも、再開の見通しが立っていない模様。この時点で、かなりの長丁場を覚悟したのですが、幸運なことに、すぐに券売機の稼動が始まりました。そして、名取駅までの切符(400円)を買って、バス待ちの行列に並びました。

寒空の下、待つこと20分。6時過ぎに名取駅行きのバスに乗り込むことができました。だいたい10分程度で、名取駅に到着。そこで東北本線に乗り替えて、ようやく仙台駅に到着しました。結構、大変な目に遭いましたが、まずは無事に目的地に着いて良かったです。

そう言えば、仙台空港で名取駅までの切符を買ったのはいいのですが、結局、何にも使いませんでした。まぁ、現場も混乱していたようなので、仕方ないかと思います。むしろ、ルールを緩和して混乱を回避した現場の方々の配慮に感謝です。
やっと仙台駅に到着して、いつものポリゴン政宗を見たかったのですが、どこにも見当たりませんでした。もしかして、撤去されたのでしょうか? それはそれで、ちょっと残念でした。
[PR]
by yt_iris | 2010-02-28 23:59 | Comments(0)

2月のまとめ。

往々にして「今だから言える」ようなことも、結構あるわけです。
さすがに、早朝に救急車に運ばれて、帰宅直後に「今、救急病院から戻ってきました」とブログに書くのもためらわれます。ということで、2月は早朝に、いきなりの急な腹痛で救急車に運ばれるという、ひどいスタートを切っていました。病院でいろいろ検査を受けたものの、特に目立つような異常もなく、結局、原因は不明。病院の先生に「恐らく、疲れか冷えかストレスでしょう」と言われたのですが、恐らく全部ではないかと思います。

というわけで、2月の上旬は氷の上を歩くように、体調の様子を見ながら、恐る恐る仕事していました。主な作業は、次の書籍の最終稿のチェック。これも無事に完了して、3月の上旬には印刷されて、遅くとも下旬には書店に並ぶ予定になっています。今回の書籍では、執筆者代表として、出版社と打ち合わせとか日程調整を行っていたのですが、これが大変な作業でした。執筆者間で調整するために締め切りを遅らせてもらったり、締め切りを過ぎても原稿が集まらなかったり…。救急車騒動の原因の7~8割は、恐らくこれのせいです。

中旬になって、いきなり職場で「社交ダンスのサークルを作るのですが、入ってみる気はありませんか」とのお誘い。社交ダンスなんて、自分の柄じゃないな…とは思いながらも、普段からお世話になっている方からのお話しです。そういえば、社交ダンスをしている人は身のこなしが綺麗だと思っていることもあり、とりあえず顔を出してみることにしました。そうしたら、何事もやってみるものです。市内で社交ダンスの教室を開いている先生が、わざわざ職場まで来てくれて、無料でレッスンしてくれることになったのです。現在も週に1回のレッスンが続いているのですが、社交ダンスは奥が深くて楽しいものでした。少し前に、芸能人社交ダンス部という企画もありましたが、今なら、それも素直に楽しく見ることができそうです。

下旬は、クルマの買い換えでバタバタしていました。今まで普通通りに乗れていた車も、調子が悪くなる時は、すぐに悪くなるものです。これまで、ホンダのディーラーの方に、何度も新車を勧められていたのですが、結局そのクルマになりました。渡りに船というか、タイミング的なものはあるんだなぁ…と実感した次第です。今回は、あこがれのCR-Vには乗れなかったのですが、それでも、かなり良いクルマに巡り会うことができました。新車に関しては、今のところ、すべての面で非常に満足しています。ただ、その手続きのために、かなりの時間がかかりましたが。

それから、今年の8月には所属しているメインの学会の総会があって、その申請期限が2月末でした。今年は、早稲田大学での口頭発表です。かなり珍しいスタイルですが、さすがに10年近くもポスター発表をしていると、多少マンネリな気がしてくるので、たまには口頭発表もよいかと思っています。少しだけ、発表内容のテーマ選定を誤ったような気もしますが、まぁ、今回は発表方法も発表内容も変化球ということにしておきます。

今月の画像は、函館本線の小樽から西に一駅、塩谷駅の様子。たった一駅離れただけで、すっかり僻地の無人駅です。この周辺は住宅地というわけでもないし、有名な名所も(恐らく)ないだろうし、クルマで向かうのも大変な場所でした。こんな身近に、秘境駅に近いものがあったとは驚きです。
b0034546_22234356.jpg

[PR]
by yt_iris | 2010-02-28 23:59 | Comments(0)
今日の午後に、新しいクルマを受け取ってきました。ホンダの黒FITです。
そのまま、市街地を走ったり、高速を走ったりしたのですが、やはり、これまでの軽自動車とは全然別物でした。これは安定性というのか何というのか、どこを走っても楽に加速するのです。
前のクルマのスペックと比べてみると、実は車体重量が同じでした。前のクルマは、重い車体をターボで無理に加速させていたわけで、それはターボも不調になるのも仕方ありません。

とりあえず、乗り心地も使い勝手も良さそうなので、大切に乗ろうと決心した次第です。
[PR]
by yt_iris | 2010-02-27 23:59 | Comments(0)
職場の方々と、お昼に中華料理のお店に行きました。前々から行きたかったのですが、定休日とか、それぞれの予定調整が難しくて、ようやく叶った形です。画像は、注文したトマトとタマゴの刀削麺です。一見かなり辛そうなのですが、実際はトマトの赤なのです。とても穏やかに美味しい刀削麺でした。ボリュームも味も、非常に満足なお店でした。
b0034546_0163662.jpg

[PR]
by yt_iris | 2010-02-23 23:59 | Comments(0)
今のクルマ、HONDAのZは99年製です。5年前に中古車で買ったのですが、ここ最近いろいろなトラブルが起きてきて、これ以上乗り続けるのは無理だと判断しました。いつの間にか、走行距離も84,000キロに達していました。年式も走行距離も、もう十分過ぎるくらいです。

ということで、次のクルマはHONDAのフィットになりました。最初は、HONDAでも上位に位置するCR-Vを見積もってもらったのですが、性能・大きさ・お値段、とにかく全部が自分に見合わないことがわかりました。とりあえず展示車に座らせてもらったのですが、これまでの軽自動車とは桁が二つくらい違うように感じたのです。排気量だけ見ても、軽自動車の660ccから、いきなり2.4リッターになるのは、いくらなんでもハードル高すぎです。

ともかく、フィットの評判は高いようですし、自分好みのカスタマイズが出来たので、納車前からワクワクしています。ある意味、無難と言えば無難な選択なのですが、売れるにはそれだけの理由があるでしょうし、それを経験してみるのも良いかなと思うのです。これまで、見た目だけでマニアックな原付(solo)クルマ(Z)を選んできたわけですし…。

そういえば、Zの下取り価格は1万円弱だったのですが、簡易ナビを取り外してもらうための工賃が一万円弱ということで、綺麗に相殺される形になりました。手元にカーナビが一つ余るので、実家で使ってもらおうかと考えています。

(追記)
今回は見送りましたが、CR-Vをあきらめたわけではありません。あと10年以内に、CR-Vに乗れるようになることが目標です。
[PR]
by yt_iris | 2010-02-22 23:59 | Comments(0)
地震や災害の被災地では、何よりも温かい食べ物が必要だったそうです。毎食毎食、缶詰とか冷たいものを食べていた人は、ものすごい勢いで体力が低下していったと聞きます。やはり、人間にとって、温かい食べ物は必要なものなのです。

ここ最近、冷え込んだ日が続いていて、どうしても食べたくなるのが暖かいスープ。いつもは、わかめスープを食べることが多いのですが、ちょっとした気まぐれでジンジャーポタージュを買ってみました。
これが想像以上に美味しくて、すっかりハマってしまったわけです。オーソドックスなポタージュをベースに、ショウガの香りがよく効いています。最近では、こればっかり食べているくらいです。冬季限定なのがもったいないくらい。強烈にお勧めしたいスープです。

b0034546_23445358.jpg

[PR]
by yt_iris | 2010-02-18 23:59 | Comments(0)
個人的な勉強も兼ねて、新しいeラーニングシステムの導入と動作確認をしてみることになりました。eラーニングで最近よく耳にするのが、フリーウェアの「Moodle」です。とりあえず、いくつかの入門書を用意して、ウェブ上の情報をチェックしてみたのですが、調べれば調べるほど、かなり複雑な作業になることがわかってきました。

Moodleのインストールは、さほど難しくない(らしい)のですが、その事前準備として、ウェブサーバ、データベースサーバ、ウェブサーバ機能拡張、これらを入れておかなければいけなかったのです。そして、頼りにしていた入門書には「これらの導入は専門書に譲るとして」と一蹴される始末。まぁ、本気で解説したら、それぞれ一冊ずつ本になってしまうのはわかります。しかし、入門以前に挫折させる入門書というのも問題ありかと…。
さらには、導入しようとしてるパソコンが、windows 7 Ultimate 64bit版だったのも不運でした。64bit対応版を探してくるだけでも、かなりの作業だったのです。それでも何とか、ウェブサーバ(Apache2)、データベースサーバ(MySQL)、ウェブサーバ機能拡張(PHP)を導入できました。なぜ出来たのか、自分でもよくわかりません。

そしてようやく、目的のMoodleのインストール。これも一悶着も二悶着もあったのですが、何とか完了。簡単に動作確認をしてみたところ、どうやらMoodleの公式プログラムが日本語ファイルに対応していない模様。どう大目に見ても致命的です。これで望みは絶たれたように思えたのですが、どうやら日本の有志の方が日本語対応版(fs_moodle)を開発・配布しているようなのです。これが最後の望みとなりました。近日中にも、導入してみようと考えているところなのです。

正直、ここまで関わったら愛着が湧いてきてしまいました。これはもう、ちゃんと使えるようになるまで面倒を見てやろうと思っています。
[PR]
by yt_iris | 2010-02-16 23:59 | Comments(2)
職場でも冬祭りムードになっていまして、いろいろなイベントが開催されています。雪像作りのコンテストが開かれたり、フォトコントテストが開かれたり。会場では、ホットワインやココアが無料で配られていました。何という良心的なお祭りでしょうか。

そのイベントの一つに、ワックスボール作りコーナーがありました。温めて溶かしたロウに、水風船を漬けたり冷やしたりを繰り返すと、綺麗なロウの球体ができるのです。そして、水風船を割って取り出したら完成です。ただ漬けたり冷やしたりするだけなので、作るのは結構簡単でした。最後に、思い思いのイラストを貼り付けたら完成です。その中でロウソクを灯すと、それはとても幻想的に綺麗なのです。

もしかしてワックスボールに映えるかもしれないと思って、イーブイコレクションの公式シルエットのイラストを持って行きました。自分で作っておいて何ですが、このワックスボールは完璧な出来映えでした。記念に、大切に保管しておきたいと思います。
b0034546_2311530.jpg

[PR]
by yt_iris | 2010-02-12 23:01 | Comments(0)
つい先日、実家から大量の小豆が送られてきました。とりあえず、普段からお世話になっている方々にお裾分けしたのですが、少しくらいは自分でも料理してみようと思い立ったのです。まぁ、料理と言っても、粒あんにするくらいしか思いつかないのですが…。

ということで、昨晩は2時間かけて小豆を茹でてました。これまで知らなかったのですが、小豆は茹でたらボリュームがものすごく増えるのです。最初は小さな鍋だったのですが、今にもあふれそうな勢いになってきたので、途中でミディアムサイズの鍋に緊急交換しました。そして、これで大丈夫だろうと思ったのですが、それでもまだまだ増え続ける始末。結局、家にあった最大の鍋を使う羽目になりました。
このことを実家に報告したら、まさか一度に1キロ茹でると思っていなかったようでした。確かに自分も、料理をしていて、ここまで追い詰められるとは思っていませんでした。正直、負けを意識したくらいです。

そして今晩、冷蔵庫で寝かせたゆで小豆を、ものすごい分量の砂糖で煮込んでみました。買ったばかりの木べらを手に格闘すること2時間、何とか粒あんらしきものが完成しました。自分的には、大量の砂糖を使ったつもりでしたが、市販の粒あんより甘さが控えめになりました。小豆の味を生かすために、あえて砂糖を抑えました…と言いたいところですが、実は途中で砂糖を切らしてしまっただけです。

ということで、初めて作った粒あんですが、まずまずの出来に仕上がって良かったです。それにしても、昨日の晩からずっと台所で小豆を煮込んでいたせいで、何もかもが小豆っぽいにおいになってしまいました。昭和の甘味屋さんみたいな、ノスタルジックな感じがします。
[PR]
by yt_iris | 2010-02-07 23:59 | Comments(0)

先週末からの料理など。

この週末、いろいろ料理をしてみたので、忘れないように記録しておきます。それにしても、いったいどれだけの量を作ったことやら…。明らかに食べ過ぎです。

【豆腐白玉の水飴がけ】
職場の方とお話ししている時に、ふと白玉団子の作り方の話になりました。その際、自称、白玉マイスターの方に、白玉団子は絹ごし豆腐と混ぜるのが至高とお聞きしました。その時は聞き流したのですが、帰りのスーパーで急に作ってみたくなって、絹ごし豆腐と白玉粉を買ってみました。
もともと、水で混ぜた白玉団子を作ったことがないので比較できないのですが、面白いくらい簡単に白玉団子が出来てしまいました。ちょっと大きさが不揃いでしたが、そこは愛嬌です。迂闊なことに白玉団子にかけるものがなかったので、軽く砂糖水をフライパンであぶって、水飴を作ってみました。生ショウガがあれば、もっと味わい深い水飴になったのですが…。

【粒あん】
これは、昨日の記事に書いてしまいました。その後、職場で配布したところ、案外好評をいただいてしまいました。まぁ、結構時間もかかっているので、ありがたいことです。しかし、豆腐白玉より前に作っていたら、もっと素敵なことになっていたと考えると、ちょっともったいなかったです。

【豆腐と鶏肉の薄塩トロトロ煮】
スーパーのお総菜は、どうしても油や味が濃くて、食べ続けるのも大変なところがあります。そこで食べたくなるのは、ダシがしっかり効いた煮物。ということで、大根と鶏肉で作ってみました。せっかくなので、水溶き片栗粉を入れてトロトロに仕上げてみました。生ショウガの香りが効いていて、味付けも優しくて、とても美味しい煮物に仕上がりました。

【チキンステーキ】
賞味期限ギリギリの鶏ムネ肉をどう片付けたものかと思案した結果、焼くしかないという結論に達しました。最初に皮の方から弱火であぶって、一度ひっくり返して中火、そして最後に皮を強火で焼き上げました。味付けは、クレイジーソルトとコショーだけにしてみました。噛んだ時に、皮がパリッと音を立てるのが小気味よかったです。

【オリーブオイルたっぷりサラダ】
そのまま文字通りのサラダ。切って盛って、たっぷりのオリーブオイルとクレイジーソルトをかけるだけ。オリーブオイルは、そのまま飲む人もいるくらいですから、たっぷり使っても問題ないでしょう。…恐らく。それにしても、小豆島のオリーブオイルは、少量でもお値段が高いです。いつか使ってみたいものです。

【トロトロあんかけ炒飯】
「豆腐と鶏肉の薄塩トロトロ煮」が少し余ってしまって、冷蔵庫で保存していました。そして、ふと冷蔵庫を見渡すと冷やご飯とタマゴがあったのです。こうなってくると、炒飯にトロトロのあんをかけて食べたくなります。ということで、昨日の自分と今日の自分とのコラボレーション、トロトロあんかけ炒飯を作ってみました。まぁ、コラボとは言っても、シンプルな味の炒飯に残り物の煮物をかけただけなのですが。しかし、飽きの来ない定番の炒飯に、一晩置いてぐっとまろやかになった煮物が香ばしくも穏やかな一品でした。

「きょうの料理ビギナーズ」を毎日、「男子ごはん」を毎週見ている間に、自分でも知らない間にバリエーションが増えていたようです。まったく、自分は何を目指しているんだろうか…?
[PR]
by yt_iris | 2010-02-07 23:59 | Comments(0)

"I'd just be the catcher in the rye and all."


by yt_iris