<   2010年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

7月のまとめ。

7月は、いろいろなルーチンワークの区切りがあります。いろいろな担当科目(基礎ゼミ、総合科目Ⅱa、夜間の総合科目など)が、まとめて最終回を迎えるのですが、例年のことながら、この雰囲気が苦手なのです。せっかく4ヶ月かけてクラスの雰囲気にも慣れて、学生の顔も覚えてきたのですが、そのクラスが解散になってしまうわけなので…。これまで、ずっと金曜日の夕方にはスーツを着て講義(ゼミ)を担当してきたので、これがなくなると一週間が終わったような気がしないものです。ペットロス症候群っぽいというか、もしかしたら学生が僕をペット扱いしていた可能性もあるかも…。そういえば「他の授業で暇な時間は先生を観察してます」と言われたことを思い出しました。

さて、上旬は個人的なことでバタバタとしていました。車両保険の見直しで3社から見積もりをもらったのですが、そのたびに作業を中断して、一時間くらい話を聞いていました。さすがに、こちらから見積もりを依頼しておいて、面倒だからと断るのも悪いような気がするのです。しかし、それだけ時間を費やした甲斐があって、自分でも納得の保険に入ることができました。もう、こんなバタバタは遠慮したいところなので、しばらくはこの保険で行くことにしました。それにしても、団体割引がこんなに強力に効いてくるとは思いませんでした。

中旬には、会議や講習会に参加したりしていました。特に有意義だったのが、学内での論文データベースの検索方法についての講習会。ある程度は、自分でも理解しているつもりだったのですが、ゼロから説明を受けてみると、知らなかった便利な機能がいっぱいでした。とりあえず、自分の興味通りの条件を設定しておいて、それに引っかかった論文をメールで教えてもらえるようにしておきました。ちなみに、検索条件は「psychology + education」と「psychology + explanation」なのが、自分っぽいところです。

そして下旬には、毎年の夏の最大のお祭りイベントがありました。本当であれば、中旬から振り付けの練習に行かなければならなかったのですが、今年で連続3回目の参加ということもあって総練習しか行きませんでした。実は完全に振り付けを忘れていたのですが、それでも音楽が鳴り始めたら、勝手に体が振り付けを思い出しました。すごいというか、恐ろしいというか…。しかし、本番には、一時間半も市内を踊りながら練り歩くわけで、その後の数日はボロボロになっていました。団体優勝と聞かされても、喜ぶ元気が残っていない状態は切ないものがあります。
お祭りイベントの後には、8月のイベントに向けての打ち合わせ。冷静に考えてみれば、授業期間よりも、8~9月の方がイベントが多くて大変かもしれません。出張や会議も増えるので、どうしても日常のペースが掴みにくくなりますし。とりあえず、8月に入ってすぐにオープンキャンパスがあって、その翌日には仙台出張の予定。学会の日程を仙台七夕と重ねてくるあたり、その学会も人を呼びたいのか、呼びたくないのか判断できないところがあります。

b0034546_2302397.jpg

画像は、時間を縫って入手したPSP-3000と「ブレイズ・ユニオン」。いつもながら、このメーカーの作品は一筋縄でいかないです。手塩にかけて育ててきたキャラクターが、イベントでいきなり「消失」してしまうとか…。とりあえず、何とか一週目はクリアしたのですが、さすがに二週目を始められる元気はありません。しかし、ゲームとしてはとても面白いので、PSPを持っている人にはお勧めです。
[PR]
by yt_iris | 2010-07-31 23:59 | Comments(0)
ちょろちょろとしたスキを見つけて、予告通りにPSP「聖剣伝説レジェンド・オブ・マナ」を遊んでいます。やっぱり絵本みたいな雰囲気がとても暖かくて、とても良いゲームであることを再確認しました。最近のゲームは、まるで映画みたいな高画質ムービーが多いのですが、それとは対極をなすような位置づけです。まぁ、作品のテーマ自体が「イメージすることで世界が創られる」なので、下手に高画質ムービーを追加されなくてよかったと思います。

それから、PSPで遊んでみて思ったのは、予想以上に携帯ゲーム機と相性がよかったこと。基本的に個別のイベントを一つずつ進めて、全体のストーリーを追っていくゲームなのですが、一つ一つのイベントは長くても30分程度なので、サクッと遊んで切り上げることができるのです。10年前、初代プレステで遊んでいた時には気づきませんでした。効率とかフルコンプリートとかを考えたら何十時間も必要になるゲームなのですが、幸か不幸かそんな時間もとれないので、軽く当時の雰囲気を味わうにはぴったりです。

改めて感じるのは、プレイヤーが突き放されていること。まるで、往年の「ロマンシング・サガ」シリーズのような感じです。まぁ、最低限のチュートリアルもあるにはあるのですが、その内容がこんな感じなのです。「とにかく自由にやってごらん、何かが起きるから。」その分、何も気負わずに楽しむことができるのは、好き嫌いが分かれるかもしれないです。

チュートリアルを一部紹介。全体を通してこんな感じ。
「難しくてよくわからない」
好きなように楽しんでごらん。何もしなきゃ何もおきないし、何かやってりゃ何かおきる。難しいことは考えないで、雄たけびでも上げながら暴れてみればいいさ。

「どうすれば勝てる?」
好きなコの名前を大声で叫びながら戦うんだ。それしかないよ、ホントに。オレなんか、ひっこしの時、タンスかつぐ時に叫んじゃったからね。それでダメなら、相手を気絶させちゃうのも手だね。連続攻撃を当て続けると、気絶しやすいみたいだよ。連続攻撃ってのは、青い残像がつく攻撃ね。相手が動かなけりゃ、必殺技も当てやすいってもんさー!

[PR]
by yt_iris | 2010-07-31 23:58 | Comments(0)
限界まで眠いところで、とあるニュースを知って思わず更新。前々からずっと気になっていたPSPゲームアーカイブス「聖剣伝説 ~LEGEND OF MANA~」の配信が、7月28日からに決定。しかも、お値段は600円。これはもう、買うしかありません。このゲームで、あと2~3年は遊べる自信があります。何とも、ダメな方向の自信ですが。

「聖剣伝説 ~LEGEND OF MANA~」
[PR]
by yt_iris | 2010-07-27 23:59 | Comments(0)
お祭りの総練習の時の、職員さんAとの会話。
職員さん「最近、髪を短くしてオシャレじゃないですか? 似合ってますよね~。」
自分「んー、もう夏ですからね、ちょっとそれっぽくしてみたんですよ。」
職員さん「それにしてもいいですよ。わたし、短いのが好きです。犬とか。」
自分「犬っすか。」

お祭りが終わって、職場を浴衣で歩いていたときの職員さんB(電気グルーヴのファン)との会話。
職員さん「あー、何か浴衣の袖が見えたと思ったら…。お疲れ様でした。」
自分「いやー、大変でしたが、お祭り楽しかったですよ。」
職員さん「やっぱり浴衣、似合いますね~。まるで瀧勝みたいです。」
自分「マジっすか。」

参考画像 瀧勝(たき まさる:ピエール瀧)
b0034546_22331759.jpg

[PR]
by yt_iris | 2010-07-25 23:59 | Comments(0)
学外でもiPadを活用したいという要望があったことから、モバイル無線LANルータの購入に踏み切りました。これさえあれば、Docomoの回線が繋がる場所であれば、どこでも無線LANに繋げることができるのです。なお、最初の接続ではセキュリティが完全オープンになっていますので、すぐに再設定が必要です。まぁ、これは仕方ないこととは思いますが…。

b-mobile WiFi

少しだけ利用してみて、この端末のスゴさがすぐにわかりました。これは、自前で買っておく必要がありそうです。
[PR]
by yt_iris | 2010-07-23 23:59 | Comments(0)

A Flower is not a Flower.

今日は職場の園芸部の活動に参加してきました。まずは、持参した鎌でひまわりの花壇の整備だったのですが、家庭用の刃渡り20センチ弱の鎌(298円)では、広い花壇には力不足でした。刃渡り60センチくらいで取り回しの楽な鎌が欲しくなったのですが、よく考えてみたらそんな頻繁に使うものではありませんでした。何より、大鎌を担いで職場を歩き回っていたら、恐らく本気で取り押さえられて、お説教では済まないような気がします。

草刈りが一段落したら、次は大量の花の苗を植えて歩き回りました。すでに大量の苗が届いていたので、今日のタイミングを逃して枯らすわけにはいかないのです。正直、かなりの作業になりましたが、何とか一通り植えることが出来て良かったです。終わる頃には、まっすぐ歩けないくらい疲れていましたが…。後は、無事に育ってくれるのを見守るだけです。それにしても、昨日から「疲れゲージ」が振り切れてしまっているのですが、これはいつ回復するのでしょう?
b0034546_051189.jpg

[PR]
by yt_iris | 2010-07-18 23:59 | Comments(0)
前々から欲しいと思っていたのですが、書籍を買いに行くついでにまとめ買いしてしまいました。っていうか、普通は「化物語(上・下)」から買うのかもしれませんが、なぜか「偽物語(上・下)」から揃えてしまう始末。まぁ、とりあえず、手元にあるだけで安心感が違います。
b0034546_14260.jpg

[PR]
by yt_iris | 2010-07-11 23:59 | Comments(0)
ある日の職場の方との会話。
職員さん「○○さんって、料理する時間もないから冷蔵庫を持っていないらしいですよ。」
自分「本当ですか? そしたら、小松菜が三日と持たないじゃないですか!」
職員さん「あの、・・・何でそこで怒ってるんですか?」
自分「あ。その、えーと、ごめんなさい。」

何が起きたのか、自分でもわかりませんでした。そんなに小松菜に肩入れするような立場じゃないはずなのですが…。
[PR]
by yt_iris | 2010-07-10 23:59 | Comments(0)
先日の出張の際、某所でPSPの録画機材を入手してきました。これを使うとPSPのプレイ画像を、そのままPCにキャプチャ可能になるのです。ということで、ちょっとした息抜きに、スノボゲーム(SSX on tour)のキャプチャ動画を録画してみました。

しかし、普通に遊んでいる様子を録画するだけでは芸がありません。そこで、ある程度希少価値の高い内容にしてみたいと思ったのです。SSXシリーズは、あり得ない高度からあり得ない空中トリックでグルグル回るのが醍醐味なのですが、ほとんど隠し要素的に難しいトリックがあるのです。
モンスタートリック。決められた方向、決められた回転数、そして、決められたトリックをメイクすることで、とても大きなボーナス得点が得られるのです。せっかく、ある程度自由にモンスタートリックを出せるようになったので、それをまとめて動画にしてみることにしました。簡単なように見えますが、実は結構難しいという…。

PSP: SSX on tour Monster Trick

実用性:Mad Hater(方向を無視できる上にボーナスが高い)
派手さ:Mightier Pen(とにかく動きが大きい)
格好良さ:Salmon Sushi(とにかく格好いい)
自己満足度:Heavens Gate(難しい分、決まれば気持ちいい)

最後の方に、1ジャンプで365,000点をたたき出した場面がありますが、これは最近になって偶然見つけたルートです。7年越しに新しい発見があるゲームって、なかなかないと思うのです。
[PR]
by yt_iris | 2010-07-07 23:59 | Comments(0)
今朝、普通にクルマに乗り込もうとしたら、いきなりカラスに襲われました。
今日はカラスの鳴き声が多いなと思いつつ、まっすぐクルマに向かっていたら、いきなり正面からカラスが飛び立って突っ込んできたのです。普段、電線の上に止まっている分には、さほど大きいようには見えないのですが、至近距離から羽を広げて襲いかかられると、かなりの大きさに感心してしまいました。まぁ、実際は感心している余裕なんてなかったわけなのですが…。
とりあえず、正面からの体当たり(ポケモン的に言えばブレイブバード?)を避けた時点で、さすがに危険を察知して早くクルマに乗り込もうと急いだのです。そうしたら、今度は背後から、また別の危ない気配。あわてて屈んだら、そのすぐ上を別のカラスが通り過ぎていきました。どうやら、カラスは二羽で襲いかかってきたようです。

小さい頃には、犬や猫に追いかけ回されたことはあるのですが、やはり犬や猫は地面に足をつけた生き物です。基本的に地面だけを注意していればよかったのですが、鳥は空中を飛び回る生き物なのです。三次元で襲われることが、こんなに怖いことだとは思いませんでした。どのタイミングでどこから襲いかかられるか、まったく予測できないのです。

何とか無事にクルマの中に乗り込んだあとも、二羽のカラスは屋根の上に乗ってきたり、クルマの周囲を飛び回ったり、まさにやりたい放題でした。間近で見るカラスはクチバシも爪も真っ黒で、何とも不吉な印象でした。まずはクルマの中は安全なので、そのまま普段通りに出勤したのですが、気分的にはカラスに追い払われたような感じ。どうにも、釈然としない気分でした。

どんな場合であれ、襲われた時は逃げるのが一番です。とりあえず、特に被害がなくて良かったと思っていたのですが、カラスに襲われている最中に「ラケットさえあれば…」とリアルに考えてしまった自分に情けなくなりました。っていうか、ラケットでエンゲージするつもりだったのか自分? 駐車場でカラス相手にラケットを振り回しているのをどう弁解するつもりなんだ自分? フォアハンドよりも片手バックハンドの方が捉えやすいはず…って何のつもりだ自分? こういう感じで、朝から二次災害的に切ない気分になってしまいました。

(追記)
中学生の時、ふざけて軟式テニスラケットで友人の投げた雪玉を弾いたことがあるのを思い出しました。ミートした瞬間、雪玉が散弾になって、かえって被害が拡大しました。まぁ何にせよ、そういうものなのです。
[PR]
by yt_iris | 2010-07-06 23:59 | Comments(0)

"I'd just be the catcher in the rye and all."


by yt_iris