<   2012年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

8月のまとめ。

8月は、なんか夏休みが来ないな…と思っている間に終了してしまった感じ。まぁ、ある程度は夏休み旅行を楽しんでいた節はあったのですが、基本的に旅行は結構疲れがたまるもので、なかなかうまく充電できなかった気分。

上旬には、千歳基地の航空祭とか、職場での夏期連続講義担当とか、結構大きなイベントがいくつかありました。なかでも、最大のイベントが知床旅行。これは、九州の大学に通っている友人から「せっかく北海道行くなら、知床に行ってみたいんだが…」という無謀な提案から始まったことです。最初は、どうやって思いとどまらせようか思案したのですが、よく考えてみれば、北海道民としても知床なんてなかなか行く機会がありません。この際ですので、話に乗ってみることにしたのです。移動手段とか宿泊とか、現地のレンタカー手配とか、その全てを担当することになりましたが…。
とりあえず、観光地として知床はなかなか良かったです。実際、食べ物はあんまり…でしたが、それでも風景とか観光地とかは充実していました。なかなか3時間のクルージングなんて体験できるものではありません。クマもイルカも目撃できました。それにしても、札幌から知床の移動距離は片道6時間…。すごかったです。

b0034546_22235312.jpg

そして中旬、実家に帰省するのは中止して、職場で地味な作業に没頭していました。たまに他大学に講演を聴きに行ったり、ショッピングモールをウロウロするくらいで、基本的にずっとデスクワーク。上旬の派手なイベントの後には、地味な作業がたっぷりたまっているものです。
そういえば、ちょうどこの時期に、ガラケーからスマホに持ち替えてみました。ここ10年ほどパナソニックのガラケーを使っていたのですが、スマホに限っては、パナソニックの製品はどうにも魅力的ではなくて…。仕方なくソニーのXPERIA GXに持ち替えてみました。まだまだ使い方がわからないので、何とも感想を言いにくいのですが、とにかくバッテリーの減り方は異常です。いいことばかりではないなぁ…というのが正直なところ。

b0034546_22242392.jpg

下旬には、会議に次ぐ会議。9時から17時まで続く会議が2回もありました。さすがに、一日に8時間も拘束される会議はおかしいと思うのですが、自分以外の方々は、結構平然としているようで、それに驚きました。どこかで読んだ小説で「自分以外の全てがおかしいと思うってことは、自分がおかしいってことじゃないのか」というフレーズがあったのですが、この場合はどっちがおかしいんでしょう? どうにも判断がつかなくて困ってます。

b0034546_22245613.jpg

そんな下旬ではありましたが、少しは気晴らしに宴会に出かけてきました。今年は、とある事情で宴会が極端に少ないので、宴会に参加する機会はとても貴重なものがあります。というか、あまり飲んだりする機会が少ないおかげで、何とかペースを落とさずに作業が出来ているのかもしれません。

b0034546_22251854.jpg

あらためて振り返ってみると、今月はずいぶんな出費があったものです。今月というか、今年に入ってから旅行が多すぎる気も。これからちょっと注意しようと思いました。

b0034546_2226077.jpg

[PR]
by yt_iris | 2012-08-31 23:59 | Comments(0)
7月からiPadで産経新聞を購読しています。一ヶ月1,500円ということもあって、できるだけ目を通すようにしているのですが、これがなかなか具合がよいというか、いろいろな情報に触れられて面白かったりしてます。最低限のニュースは、Yahoo!のトップページで知ることができるのですが、ちょっと踏み込んだ内容は、ネットで調べるのは大変です。毎日、小見出しを眺めているだけで、予想外に新しい知識に触れることができるのはお得なものでした。もっと早くに契約しておけばよかったです。
[PR]
by yt_iris | 2012-08-26 23:59 | Comments(0)
2005年から連載されていたマンガ「さよなら絶望先生」が、2012年7月に第三十集で完結しました。まさかこんな最終回になるとは思っていなかったのですが、良い意味で衝撃的なエンディングでした。久米田康治先生の前作「かってに改蔵」も、作風と比べてかなりハードなエンディングでしたが、絶望先生はその比ではないと思いました。

(あとがき)最終巻にもバス停を4つ用意しました。どこで降りても最終回っぽい作りにしました。マルチエンディングでなく一本道ですが、降りるところは選べます。鬱エンドとハッピーエンドを交互に躁鬱を繰り返すように作りました。どこのバス停で降りても構いません。

最終回に関して、久米田先生はこのように語っていました。最終5話は、躁鬱が入り交じった複雑な展開でしたが、確かにどこで途中下車しても作品として成立しているのです。まぁ、個人的には(ほとんどの人はそうだと思いますが…)、カフカ教会エンドが一番だと思いますが。

特に第30X話は終了後の不安定な時期に描いたため、車庫です。ギャグのつもりで描いていたのに、想像以上に不気味なものになってしまいました。

前々からこのブログでは「さよなら絶望先生」にタナトス(破壊衝動・死の欲動)を感じると述べていたように思うのです。特に、単行本書き下ろしの第30X話は、不安定な時期に描いたというだけあって、タナトス全開な物語になっていました。あくまでこれは「もうひとつの可能性」です。正式な後日談ではないと思うのですが、これはこれでありえるかもしれないと思えてしまうところもあります。

ここまで完璧にハマったマンガ(途中でアニメ化)は、もう後にも先にもないだろうな…と思うと寂しいところですが、始まったものはいつか平等に最終回を迎えるのです。とにかく久米田先生にはゆっくり休んでもらって、いつか次回作を読める機会があれば、これ以上のことはありません。

(追記)
余談ですが、太極図がうろペンの顔に見えるから加工してステッカーにしてみたとか、これが伏線に繋がっていたとは思ってもいませんでした。ところで、「うろペン」でGoogle画像検索したら、この画像がトップでびっくり。まだ飾ってますが、こうしてみると懐かしいものです。(過去ログ参照
[PR]
by yt_iris | 2012-08-20 23:59 | Comments(0)

だいたい高い。

ホンダのディーラーで、点検ついでに車検の見積もりを取ってもらいました。そしたら、だいたい11万円とのことでした。クルマって、だいたい何もかも高いのでした。
[PR]
by yt_iris | 2012-08-19 23:59 | Comments(0)

まだまだー。

なつやすみが来ないな-。もはやちょっぴりせつないとかいうレベルじゃあないのです。
[PR]
by yt_iris | 2012-08-15 23:59 | Comments(0)
ガラケーからスマホへの機種変更をするには、ドコモショップか家電量販店のどちらかになるわけです。ここで、ヨドバシとかの家電量販店で一括購入した場合だけ、スマホの購入金額にポイントをつけることができるのです。スマホもなかなか高額な買い物なので、このポイントの有無は結構重要になります。

ということで、今回の機種変更はヨドバシだったのですが、それには2つのサービスに入らなければならないとのことでした。「月々380円で、あちこちの無線LANサービスが利用できるワイヤレスゲート」と「月々525円で、スマホでいろいろな映画やドラマが見放題のVIDEOストア」。正直、どちらもかなり微妙。どう考えても不要。

ヨドバシの店員さんのお話では、もし不要でしたら解約してくださいとのことでしたが、もともと不要なサービスに強制加入させるのもどうかと。あるいは、これが大人の事情ってやつでしょうか?
[PR]
by yt_iris | 2012-08-14 23:59 | Comments(0)
これまで使い続けていたパナソニックのケータイを離れて、ついにソニーのスマホXPERIA GXに乗り換えてしまいました。パナソニックもいくつかスマホを出しているようなのですが、あまりいい噂を聞かないもので、安心のブランドのXPERIAを選んでしまいました。それにしても、使い方が全然わからない状態です。

b0034546_031113.jpg

[PR]
by yt_iris | 2012-08-12 23:59 | Comments(0)
自分では使い道のないプロダクトコード。ファミ通の2012年7月12日号分とのこと。丸めて捨てるのもなんだし、画像に載せてしまうので誰か使ってやってください。これって早い者勝ちなんでしょうか?

b0034546_0323092.jpg

[PR]
by yt_iris | 2012-08-04 23:59 | Comments(0)

"I'd just be the catcher in the rye and all."


by yt_iris