<   2016年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

早いもので、子どもの100日の御祝いとなりました。

本来の風習では「生後30日ごろに神社にお参り」ということらしいのですが、北海道の風習は寛容というか、ゆるやかというか、厳冬の時期にも配慮して、生後100日ごろの暖かい時期で問題ないとのことでした。そのような事情もあり、北海道の通常パターンにしたがって、両家親族に集まってもらって、まとめてお宮参りとお食い初めを行いました。

そこで心配になるのが、お食い初めの準備です。お食い初めと言えば、子どもの歯の健やかな成長を願う「歯固めの石」や、尾頭付きの鯛、ごちそうのお膳がつきものです。なにを、どうやって、いつまでに必要か、奥さんと一緒に下準備に追われていました。

なかでも問題だったのが、尾頭付きの鯛でした。鯛そのものは、注意して見てみたら、案外近所のスーパーでもよく見かけるものでした。そこで、鯛そのものは、まず手に入るものとして、問題はどうやって料理するかです。どう考えても、ぶっつけ本番で成功するような相手ではないので、念のため予行演習をしてみました。
さっそく、近所のスーパーで鯛(養殖で1,500円程度)と焼き網を購入して、練習で焼いてみました。これがまた大変なことになって、ウロコを落とすにも一苦労、さらに、全体に火を通すのが至難の業で、とても人様にお見せできる姿ではありませんでした。(それでも、もちろん美味しくいただきました)

そこで、どうしたものかとウェブで調べてみると、イオンやヨーカドーの鮮魚売り場では、所定の料金で、どんな魚でも調理して渡してくれるサービスがあるようです。「これだ!」と思って、近所のイオンの鮮魚コーナーに電話で確認したところ、幸いにも、そのまま鯛の尾頭焼きを予約することができました。養殖の鯛が2,000円、調理費が500円、その他諸々を含めて2,700円程度でした。もちろん、養殖でない天然モノをお願いしたら、相応のお値段になると思いますが。

当日の13時に鮮魚コーナーで受け取れるようにお願いして、どんなものが出てくるか少し心配でしたが、予想以上の見事な「鯛の尾頭焼き」を受け取ることができました。立派なサイズの鯛を、絶妙な焼き加減で用意してくれて、本当に助かりました。無事にお食い初めの儀式を迎えることが出来て、ほっと一安心といったところです。

問い合わせ・予約の際に、お店から「受取は13時以降、年末年始は対応不可」との説明がありましたが、今回は問題ありませんでした。一週間くらい余裕を見て予約しておけば、まず間違いなく確保できるのではないでしょうか。それにしても、焼き網で鯛料理に挑戦したことや、方向転換してお店に予約したことまで含めて、何かといい経験になりました。

b0034546_15243892.jpg

[PR]
by yt_iris | 2016-12-17 23:59 | Comments(0)

うに製品。

あのリンゴの会社からのメール。疲れているのか、「うに製品」と呼んでしまいました。

ご購入頂いた製品を最大限ご活用頂けるよう、ご自宅よりお気軽にご参加頂ける「パーソナルセットアップ」のサービスをご用意しております。 設定方法や主な機能、内蔵のアプリケーションについて Apple のスペシャリストがご案内するオンラインセッション* を通して、お客様が使いやすいように製品をカスタマイズしたり、ご不明点を解消するお役に立てればと存じます。


b0034546_10515153.png

[PR]
by yt_iris | 2016-12-13 23:59 | Comments(0)
「なんか話題になっているみたいだから、アプリぐらい入れておこう」と思ったのはいいのですが、そのまま放置状態になっていました。インスタグラムです。

ここ最近、空の画像を撮影して、匿名でアップロードしつつ、それなりに楽しんで利用していました。
しかし、北国の悲しい定め…といったところでしょうか。いったん雪が降ってしまうと、一面の灰色で何も写らない状態になるのです。晴れた日は撮影したいところですが、しばらくは難しいかなぁと思っているところです。

まぁ、空の画像を楽しみにしている人も少ないでしょうし、まったく問題はないのですが…。

b0034546_133069.jpg

[PR]
by yt_iris | 2016-12-05 23:59 | Comments(0)

"I'd just be the catcher in the rye and all."


by yt_iris