<   2018年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「病院ぎらい」は、個性というより、弱点という方が適切かもしれません。子どもの頃から病院が苦手で、どうしようもなく苦労しました。今でも、積極的に病院に通いたい…とは思いませんし、他にどうしようもないので病院に通う…というネガティブな気持ちは晴れることはありません。

とはいえ、そろそろ自分も「いい年」なわけで、そうなってくると、いろいろな場面で病院との縁が強く深くなってくるものです。先日は、造影剤を点滴したCTスキャンの検査を受けてきました。もともと、閉所恐怖の傾向があり、さらに、身体を固定されるとなると、考えただけで気持ちが沈んできます。しかし、そんなことも言っていられず、きっちり検査を受けてきました。
これは自分のイメージなのですが、MRI検査は、ちくわにキュウリを詰めるような印象です。それに対して、CT検査の方は、巨大な浮き輪を通り抜けるような印象で、さほどの閉塞感はありませんでした。駄菓子で例えるなら、トッポが輪投げチョコの穴を通り抜けるような、そんなあっけなさでした。自分が医療場面を知らないだけで、ずいぶん患者さんの負担が軽減されていることを実感しました。

それから、病院に関して次の話題。ここ1年くらい、ほんの少し直射日光に当たっただけで、かなりキツいじんましんが出ていました。体調の変化なのかな…と思って、日焼け止めを念入りに塗ったり、屋外に出ないことを心がけていました。そして今日、偶然に気づいたことなのですが、定期的に服用している胃薬の「必ずお読みください」に、「発疹・かゆみ・日光皮膚炎などの過敏症状が現れることがあります」と書かれていました。この薬の飲み始めと、日光じんましんとの時期もぴったり合っています。今まで気にすることもなかったのですが、どう考えても、この薬が原因です。次の診察の際には相談してみようと思った次第です。


b0034546_20595747.png


[PR]
by yt_iris | 2018-10-22 23:59 | Comments(0)

"I'd just be the catcher in the rye and all."


by yt_iris